いつもの日常が“物語”に?『主人公レンズ』でスマホARを楽しむ

現実に画像を重ねて表示するAR(拡張現実)は、現在スマートフォンなどで手軽に体験できます。今回、カメラ機能を活用したユニークなサイト『主人公レンズ』が公開され、話題となっています。

こちらのサイトを使うことで、現実の世界にノベルゲーム風のウィンドウを重ねることができ、まるで物語のワンシーンを切り取ったような画像を作ることができます。同サイトを公開したのは開発者のitopoid(@itopoid)氏。

『主人公レンズ』は、同人誌即売会「コミティア」にて配布されたレンズ型のキーホルダーです。イベント後も『主人公レンズ』が好評だったため、今回WEB版が公開されたとのことです。

主人公レンズ』は、スマートフォンのカメラ機能の許可することですぐに体験できます。「レンズを変える」はテキストウィンドウの変更。「写真を撮影する」は今見ている画面の状態を保存します。

対応デバイスは、iPhone/iPad(iOS 11以降のSafari)、Android(最新のChrome)、PC(WEBカメラ付き)です。今回、どういった体験ができるのか『主人公レンズ』を体験してみました。

カメラを起動して外を歩くと、さっそく青春ラブコメのような展開が…!不思議と脳内で女の子の声が聞こえてくるような気がします。

近所の公園があの子との約束の場所に。

ビルの下に立ち、空を見上げれば、どこか切ない雰囲気に。

このように『主人公レンズ』は何気ない風景も魅力的に変えてくれました。テキストウィンドウの内容は全40種類(+シークレット)とのことです。この機会に物語の主人公になり、物語のワンシーンを体験してみてはいかがでしょうか?

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: itopoid主人公レンズ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!