患者と外科医の両視点から手術を体験する360度動画

ザ・ロイヤル・ロンドン病院の神経外科チームは、生命の危険がある脳動脈瘤を治療する手術を受ける患者とその様子が写った360度動画を公開しました。

360度のHDカメラとアクションカメラで「GoPro」を頭に取り付け撮影を行ったとのことで、これにより視聴者は患者の視点と外科医の視点、その両方から手術を体験することができます。

患者と外科医の両視点

動画の冒頭では、視聴者は患者となっており、手術のために手術場に運ばれています。その後、外科医の視点となり、医療チームに参加します。当然、部屋全体を見渡すことも可能です。

段階的に説明される手術

手術の各段階は神経外科医のコンサルタントによって説明が行われるため、段階的に手術を追うことができます。

ビデオを制作したFundamental VRのChris Scattergood氏は「私たちにとってVR全体に手順を記録することで、安全な仮想手術室で訓練中の外科医が手術の重要な段階を練習し、実際に手を触れることができるVRシミュレーションで手術を練習することができます。我々のFeelReal VRソリューションを使用して、さまざまなタイプのシチュエーションを作成できます。」と述べています。

この360度動画はYoutubeで視聴できるほか、スマートフォン用のVRゴーグルを使用することでより没入感の高い体験が可能となっています。

※以下の映像には手術中の患部が映っています。視聴の際はご注意ください。

https://www.youtube.com/watch?v=1H9qNaP0W9o

(参考)
World’s first VR brain surgery film will satisfy your scientific curiosity/Mashable(英語)
http://mashable.com/2017/09/11/vr-brain-surgery-360/#oO84jk8Y1kqG

関連するキーワード: Fundamental VRThe Royal London Hospital

この記事を書いた人

  • VRやAR、画像処理、ロボットビジョンについて研究している学生。VR、ARコンテンツに触れるだけではなく、自分でコンテンツを制作しVR、ARの面白さ、楽しさを広める活動をしている。

    SNSアカウント:
    Twitter:@JackMasaki

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ