PSVR向けソフト『サマーレッスン』徹底解説

PlayStation VR(PSVR)向けには、現在数十本のゲームが配信されています。その中でも、PSVR発表時から注目を集めていたソフトが、『サマーレッスン』です。VRならではの“コミュニケーション”をテーマにした同作。本記事では、その概要を紹介します。

1.サマーレッスンの魅力
2.技術デモから製品版へ
3.製品版のプレイ内容
4.これまでのアップデート内容と今後の予定

1.サマーレッスンの魅力

サマーレッスンの魅力は大きく分けて2つあります。

1つ目は「キャラクターのリアリティが高く、目の前に本物の女の子が居るような感覚でさまざまな体験ができる」ということ。2つ目は「マルチエンディングであることに加えて、プレイヤーが教える内容によってひかりちゃんの行動が変わり繰り返しプレイしたくなる」ということ。

https://www.youtube.com/watch?v=Q0ohMDvQKlA

実際にどのような体験が可能なのか、紹介していきましょう。

2.技術デモから製品版へ

『サマーレッスン』はキャラクターとのコミュニケーションがテーマになっており、VRならではの実在感のあるキャラクターと身近な距離で触れ合うといった体験が可能です。バンダイナムコエンターテインメントが開発を手がけています。

女子高生と部屋で家庭教師となって授業を行う、という設定と美麗なビジュアルでまるで生きていると感じてしまう魅力的なキャラクターに、発表以降話題を集め続けました。

このプロジェクトが初めて発表されたのは2014年秋。『鉄拳』シリーズを制作してきた原田勝弘氏をプロデューサーに、鉄拳チームが開発を手がけているプロジェクトとして発表されました。

以降PSVR(当時はプロトタイプ名Project Morpheus)の技術デモ(機器の性能を体験でいるデモ)として国内外の体験会で展示されました。最初のバージョンでは女子高生・宮本ひかり、とのコミュニケーションを体験するものでしたが、2015年6月のE3からは日本に住む外国人・アリソンとのコミュニケーションを体験するバージョンも展示されました。

2014年秋の紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=W6VN9FpOAtM

2015年E3の紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=Z9463NLOeRA

宮本ひかり、アリソン両方の体験を選ぶことができた東京ゲームショウ2016のPV

https://www.youtube.com/watch?v=hj9CMbyJ6q0

技術デモとして、展開されてきた『サマーレッスン』ですが、2016年9月には製品版としてPSVR向けソフト『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』として配信されることが明らかになりました。

https://www.youtube.com/watch?v=Q0ohMDvQKlA

『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』はPSVR専用ソフトとして配信中。価格は2,980円(税込)です。

3.製品版のプレイ内容

『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』は、勉強が苦手な女の子「宮本ひかり」の家庭教師となり7日間の短期レッスンを通してさまざまな勉強を教えていくというもの。

さっそく内容を紹介していきましょう。

ひかりちゃんには「根性」や「ひらめき」といったパラメーターがあります。レッスンを通しこれらのパラメーターを適切に上昇させ一週間後のテストでいい成績を取らせるのがプレイヤーの目標になります。

「読み書き」や「暗記」といった教えたい分野を選ぶと、「静かに見守る」や「声を出して応援」などの選択肢が出現します。状況に合った選択肢を選ぶことでパラメーターの上昇率を上げることができます。

勉強の後には休憩時間があり「友達」や「生活」といったひかりちゃんのプライベートな部分について聞くことができます。

レッスンで良い成績を取る、又はラッキーアイテムを使うことで発生する特別イベントでは同じイヤホンで音楽を聞くというドキドキするような体験をすることができます。(このイベント以外にもさまざま体験があります。)

レッスン以外の要素として着せ替え機能があります。初回プレイ時は制服のみですが何度もプレイすることで衣装を入手することができ、色違い制服やTシャツなどさまざまな衣装があります。(ハムサンドTシャツはグッズとして製品化されており購入することが可能です。販売ページはこちら)


4.これまでのアップデート内容と今後の予定

サマーレッスンは現在までに「セカンドフィール」・「デイアウト」の2種類の追加体験パックと「喫茶店編」・「花火大会編」の2種類のエクストラシーンがダウンロードコンテンツとして配信されています。

追加パック・エクストラシーン共に「サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)」を先に購入している必要があります。

タイトル 価格 内容
本編 2,980円 1週間の授業、衣装は「制服」など
追加パック セカンドフィール 1,490円 触覚がテーマの体験追加追加衣装は「ワンピース」、「キャミソール」の2種6着
追加パック デイアウト 1,490円 新レッスン「体力づくり」追加衣装「運動着」
エクストラシーン 喫茶店編 1,180円 新シチュエーション「喫茶店」新衣装「メイド服」3着
エクストラシーン 花火大会編 1,180円 新シチュエーション「花火大会」

”触覚”がテーマの追加パック「セカンドフィール」

https://www.youtube.com/watch?v=aY9bsPkHYos

追加パック「セカンドフィール」は触覚がテーマ。PS4のコントローラーを使ってひかりちゃんにケーキを食べさせたり、虫さされの薬を塗ってあげたりといった疑似体験を楽しむことができます。2016年12月1日配信開始。価格は1,490円(税込)です

「ワンピース」や「キャミソール」といった新しい6着の衣装も入っています。

”外の世界”がテーマの追加パック「デイアウト」

https://www.youtube.com/watch?v=xQyTDMVRoME

追加パック「デイアウト」は外の世界がテーマになっています。舞台はひかりちゃんの自室から海が一望できる高台の神社に移動し、新レッスン「体力づくり」が追加されます。2017年1月12日配信開始。価格は1,490円(税込)です。

体力づくりは「根性」の値に関係しています。素振りと腹筋のレッスンがランダムで発生し、新たなふれあい体験をすることができます。

休憩時間には「ひかりちゃんに飲み物を渡す」・「うちわであおいであげる」といった屋外専用のイベントが発生します。うちわはPS4のコントローラーと連動しており実際にうちわをあおぐようにひかりちゃんに風を送ってあげることができます。


こちらの追加パックでは「運動着」が新たな衣装として追加されます。

メイド服のひかりちゃんに会える!エクストラシーン「喫茶店編」

https://www.youtube.com/watch?v=ZbezO8KnbhE

エクストラシーン「喫茶店編」では文化祭でのクラスの出し物がメイド喫茶になったひかりちゃんの接客練習にプレイヤーが付き合うという新シチュエーションが追加されます。制服やTシャツから一変し、普段はレッスン前に出てくる喫茶店でメイド服姿のひかりちゃんに会うことができます。2016年12月15日配信開始。価格は1,180円(税込)です

こちらのエクストラシーンでは新レッスンに合わせて3色のメイド服が新衣装として追加されます。新しい3種類のメイド服は基本ゲームパックの通常レッスンでも使うことができます。

浴衣姿のひかりちゃんと花火大会を見に行こう!エクストラシーン「花火大会編」

https://www.youtube.com/watch?v=R3m0phErTEY

エクストラシーン「花火大会」編では一緒に行くはずだった友達の予定が合わなくなってしまい、「先生も一緒に行かない?」と誘われたプレイヤーが浴衣姿のひかりちゃんと花火大会を見に行くという内容の新シチュエーションが追加されます。

VR上に忠実に再現された花火を二人で見ながらぽつぽつと呟くひかりちゃんの言葉に耳を傾けているうちに、青春の切なさを匂いを感じはじめ独特のシチュエーションに引き込まれていきます。


空に打ち上がる花火を見るだけではなく浴衣姿のひかりちゃんと線香花火を使った「花火遊び」をすることもできます。

サマーレッスンは継続的に開発・配信していくプロジェクトとして発表されおり、今後どのようなアップデートが配信されるのか期待したいところです。

この記事を書いた人

  • 専門2年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中です。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ