エミー賞ノミネートの360度動画制作会社、約4.5億円の資金調達  

360度動画制作などを行うSubVRsiveは、400万ドル(約4.5億円)の資金調達を行い、元Hulu副社長のJohannes Larcher氏が新たなCEOに就任することを発表しました。SubVRsiveのコンテンツはエミー賞にノミネートされたこともあります。

同社は会社ページにて、利用者にサービスを提供することに関して、VR/ARのポテンシャルを認識し、VR/ARはブランドとユーザー間の繋がりを再構築し、伝統的な視覚、音、動きで感じるだけでなく、没入式の実体験を提供することは非常に重要だと記述しています。

今回の資金調達に参加したのは大手広告会社WPPで、SubVRsiveへの投資は戦略の一環だと説明しています。SubVRsive社のCOO・オースティンメイス氏は「新たな資金は企業の更なる加速化につながります。これからもプロジェクトを磨き、伝統的VR動画を乗り越えていきます」と述べています。
 
(参考)
广告巨头WPP投资,VR营销公司SubVRsive融资400万美金
http://www.7tin.cn/news/84732.html

※Mogura VR は、7tinとパートナーシップを結んでいます。

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

【お知らせ】

世界のVR業界の最新動向を把握するための1冊!Mogura VRが日本語翻訳・監修を担当。
「VRインダストリーレポート(2017年春版)」予約受付中。4割引になる早割は5月20日までです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ