HTC、VRゲームスタートアップに500万ドルの投資

米オークランドのVRゲームスタートアップ「Steel Wool Studios」はシリーズAの資金調達において、VRヘッドセットViveを販売するHTCから500万ドル(約5億円)の投資を受けることを発表しました。

Steel Wool Studios

ハイプロファイル企業のベテランで構成されたVRゲームスタジオ

Steel Wool Studiosは、ピクサーやTelltale Gamesのベテランたちで構成されたスタジオで、3Dグラフィックに強いメンバーが揃っています。

HTCによれば、今回の投資は9月9日にSteamでリリース予定の火星探査機シミュレーション『Mars: Odyssey』や、今後開始するプロジェクトの資金として使われる予定。

Steel Wool Studiosの1作目となるVRゲーム『Quar: Battle for Gate 18』が現在、HTC Vive向けにリリースされています。

https://www.youtube.com/watch?v=T3aSHxhUW-4

火星探査機シミュレーション『Mars: Odyssey』

同社が現在開発中の『Mars: Odyssey』は、NASAの火星探査機を修理するインタラクティブシミュレーション。実際に使われているViking、Pathfinder、Spirit、Opportunityといった探査機が登場します。

火星の地形などもNASAのデータを元に再現されていて、シミュレーションが進むと星を探索することもできます。

https://www.youtube.com/watch?v=LrG8npr5Pvw

今回の投資から『Mars: Odyssey』や今後のVRゲームがHTC Viveのみの対応となるのかについては、同社はコメントを控えるとしています。

Steel Wool Studios公式サイト
http://www.steelwoolstudios.com/

(参考)
UploadVR / HTC Invests $5 Million In VR Startup Steel Wool Studios(英語)
http://uploadvr.com/htc-5-million-investment-steel-wool/

※MoguraVRは米Upload VRのパートナーメディアです

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image01[1]

    VRの道を目指す理系学生。普段はゲーム制作をしています。当面の目標は、VRの開発環境を手に入れること。Riftもいいけど、Viveも欲しい!

    Twitter:@FoltTenor