「HTC Vive」の一般発売は2015年下半期。Valveが提供するSteam VRに関する情報が公式サイトでも公開

2月末にゲームプラットフォームSteamを運営するValveが、SteamVRというVRに関する新たな機器を発表しました。その直後、台湾のスマホメーカーHTCがValveの協力を得てVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Vive」を発表しましたが、SteamVRの詳細は謎に包まれていました。

th_htc-vivewhite

昨日、GDCにおける講演にてSteamVRの詳細が語られましたが、現在はSteamの公式サイトでも情報が公開されています。

SteamVRは、360度で部屋スケールのVR体験を実現するシステムとして紹介されています。
HTCと提携して、HMDと2組の片手用コントローラー、そしてそれらを追跡する2つのベースステーションがセットで「Vive開発者版」として今春、登場するとのことです。一般販売は2015年下半期を予定しています。

付属するコントローラーは、同日発表されたSteamコントローラーの高解像度トラックパッドを採用した片手用の専用ワイヤレスコントローラー「SteamVRコントローラー」になります。

ヘッドセットの位置と、2つのコントローラーの位置は常に1ms以下の速度でトラッキング(追従認識)され、VR空間内に反映されます。トラッキングのためのデュアルベースステーションは、部屋の角と反対側の角に一つずつ設置するとのこと。Oculus RiftやProject Morpheusのように正面にカメラを置く形でのトラッキングとは異なります。

サンフランシスコで開催中のゲーム開発者会議GDCでも「Vive」を体験できるのは非常に限られた開発者等のみとなっています。詳細はSteamVRの公式サイトをご確認ください。

「Vive」の性能等は以下の記事でも解説しています。
気になる性能は?HTC、Valveと共同開発のVRヘッドマウントディスプレイ「Vive」を発表

Written by すんくぼ

(参考)
SteamVR -Steam公式

http://store.steampowered.com/universe/vr/

HTC Vive公式サイト(英語)
http://www.htcvr.com/