家の環境を自由にカスタマイズし、友達と交流 SteamVRにホームが登場

PC向けゲームを配信しているSteamでVRを起動する際に表示されるホームシーン「SteamVR Home」のベータ版が実装されました。

これはヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)HTC ViveなどでVRゲームを体験する際に、まず体験することになるホーム画面ならぬ“ホームシーン”です。

これまでは、ゲームを起動しない場合、灰色一色の世界が広がっていたりと簡素なシーンが広がっていましたが、今回の「SteamVR Home」は文字通り家が広がっています。

プレイヤーはこのホームを自由にカスタマイズすることも友達を招くことも可能になります。

本記事では今回のβ版で実装された機能を紹介していきます。

表現豊かにカスタマイズ可能な環境

今回実装された「SteamVR Home」ベータ版で描かれる“家”の環境は高解像度なグラフィックでアニメーションやインタラクティブな要素が盛り込まれています。プレイヤーはテレポートして世界を歩き回ることが可能です。「Steam Community」にアップロードされている世界中のユーザーが作成した環境をダウンロードして体験することも可能なほか、VRの中で物を置いたり、空間に絵を描いてそれを動かすことも可能です。

「SteamVR Home」を紹介するSteamの公式アナウンスにある動画では、剣の絵を描いて、その剣を掴んで振り回す様子が見てとれます。

ソーシャル機能とアバターのカスタマイズ

「SteamVR Home」では、同様にSteamVRを起動している友人を招待し、部屋でボイスチャットで交流をしながら、動画を見たり、一緒に環境づくりをしたり別の環境に移動して旅行をすることもできます。アバターも自分の好みに合わせて変えられます。

その他の要素

デフォルトのホームシーンには、友人のログイン状況やゲームへのショートカットを表示した「クイックリンク」が表示されます。

また、SteamVR Workshopでは、ツールを使い自分自身で環境を作ることができます。Steam上でツールのセクションから『SteamVR Workshop Tools』を選択するとダウンロード可能です。

なお、VR空間を作成するツールとして提供されていたツール『Destitantions』は『SteamVR Home』に統合されたとのこと。

SteamVR Home Betaの導入方法

『SteamVR Home』は現在ベータ版の状態であり、自動アップデートなどは行われません。

体験する際は以下の手順でインストールを行いましょう。

1.Steamを起動し、SteamVRが起動していないことを確認する(起動している場合は停止します)

2.メニュー「ツール」より、SteamVRを探します。

3.SteamVRを右クリックし、プロパティを開きます。

4.「ベータ」タブで「なし」となっている部分を「beta」に切り替えます。

これで『SteamVR Home』がダウンロード、SteamVRの起動時に『SteamVR Home』が適用されます。

(参考)
Introducing SteamVR Home Beta
http://steamcommunity.com/games/250820/announcements/detail/1256913672017157095

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii