『スター・ウォーズ』ARゲーム 新バトルやステージ登場 日本語対応も

11月30日より発売のARゲーム『Star Wars/ジェダイ・チャレンジ』に、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する惑星とキャラクターが追加されるアップデートが発表されました。また、メニューやキャラクターのセリフが日本語に対応しました。

https://www.youtube.com/watch?v=e__9IUpdj8Q

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、『スター・ウォーズ』の世界を現実で体験できるARゲームです。本製品はレノボのARヘッドセット「Mirage(ミラージュ)」と、ライトセーバー型・コントローラー、トラッキング・ビーコンが同梱されたものとなります。価格は29,800円(税込)。

本コンテンツには、劇中に登場する「カイロ・レン」や「ダース・ベイダー」とライトセーバーで戦う「ライトセーバー・バトル」、ホログラフィックのエイリアンたちを使用した『ホロチェス』、反乱軍を率いて帝国軍と戦うリアルタイムストラテジーゲーム『戦略バトル』といった3つのARゲームが収録されています。体験はスマートフォン向けアプリ『Star Wars(TM)/ジェダイ・チャレンジアプリ』(iOS/Android)が必要です。

今回発表された追加コンテンツは以下のとおりです。

・新たなライトセーバーバトル:
プレイヤーは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する2人のエリート・プレトリアン・ガードと戦うことができます。2人の相手と同時に闘うのはジェダイ・チャレンジ初の内容となります。

・戦略バトルに新しい惑星:
3つの新しいレベルの戦略バトルが映画に登場する惑星「クレイト」を舞台に設定されます。手強い相手であるファースト・オーダーの乗るAT-M6をはじめとする新たな敵や乗り物が登場します。

・アサルトモードでの新コンテンツ:
全く新しい対戦相手とレベルが追加され、ファースト・オーダーの ストームトルーパー・エクセキューショナー、ライオット・コントロール・ストームトルーパーなどが登場します。

・ポーグが登場:
可愛らしい鳥のキャラクター「ポーグ」がARで登場します。

本コンテンツパックは『Star Wars(TM)/ジェダイ・チャレンジアプリ』にて2018年1月より提供されるとのことです。

なおMogura VRでは、スター・ウォーズの世界を体験できるVR/ARコンテンツを掲載しています。

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: STAR WARS/ジェダイ・チャレンジ

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!