スマホとARヘッドセット、ライトセーバー型コントローラーでジェダイに

スター・ウォーズの世界を体験することができるARゲーム『STAR WARS/ジェダイ・チャレンジ』が海外で11月に発売を開始します。本作はモバイルARヘッドセットを装着して、スター・ウォーズをテーマにした様々なARゲームをプレイすることができます。

スターウォーズをテーマにしたARゲームをプレイできる

『ジェダイ・チャレンジ(Star Wars: Jedi Challenges)』は7月にカリフォルニア州マンハイムで開催されたディズニーのファンイベントD23において発表された作品で、開発にはディズニー、Lenovo、ルーカスフィルムが参加しています。

本ゲームではプレイヤーはLenovoが開発したモバイルARヘッドセットを装着し、映画に登場する武器であるライトセーバー型のコントローラーを用いて、スター・ウォーズをテーマにした様々なゲームをプレイすることができます。

『ジェダイ・チャレンジ』はキットとして発売される予定で、ARヘッドセット、トラッキングビーコン、ライトセーバーコントローラー、そしてスマホ用ARアプリによって構成されています。Lenovoによると本ゲームは2017年11月に海外市場での発売を予定しており、価格は199.99ドル(約22,000円)です。現在ベストバイとLenovoの公式サイトでプレオーダーを受け付けています。

様々なARゲームがプレイ可能

『ジェダイ・チャレンジ』では、ライトセーバー・バトル、戦略バトル、ホロチェスの3つのARゲームがプレイできます。ライトセーバー・バトルでは、映画に登場する悪役であるカイロ・レンや、ダース・ベイダーがAR表示によって部屋の中に現れ、プレイヤーはライトセーバーを駆使して彼らと戦います。戦略バトルではリアルタイムストラテジーゲームをAR表示してプレイ。ホロチェスでは、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場するホログラムのチェスと同じシステムのゲームをプレイすることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=czlO1F32OhU

LenovoのモバイルARヘッドセット『Mirage』

キットに同梱されるのはディズニーとLenovoが共同開発した『Mirage』というARヘッドセットです。『Mirage』はスマートフォンをデバイスに差し込んで使用し、iOS、Android両方に対応しています。デバイス前面には2つのトラッキングセンサーを搭載しており、トラッキングビーコンと連動してユーザーの位置を認識します。これによってプレイヤーは自由に動くことができます。シースルー型のディスプレイを通して、部屋の中にダース・ベイダーが現れたかのような感覚を楽しめます。

また、コントローラーはハプティック(触覚)機能を搭載しているので、敵を攻撃したり、敵からの攻撃を防いだりする際にデバイスが振動します。振動により、実際に敵と戦っているような感覚を強め、ゲームに没入感をもたらす仕組みになっています。コントローラー内部に設置された慣性計測装置によってデバイスの向きをリアルタイムでトラッキング。AR表示されたライトセーバーのレーザー光を安定して表示することができます。

『ジェダイ・チャレンジ』は日本語の公式サイトも立ち上がっており日本での販売も予定されているようですが、リリース予定日については未定です。

(参考)
UploadVR / Star Wars: Jedi Challenges AR Platform Launching This Holiday For $199(英語)
https://uploadvr.com/star-wars-jedi-challenges-ar-experience-launching-holiday-199/

関連するキーワード: LenovoSTAR WARS/ジェダイ・チャレンジ

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ