海洋酸性化を体験 スタンフォード大、教育用VRコンテンツを一般配信

スタンフォード大学の研究チームが、二酸化炭素の排出による環境問題の一つである「海洋酸性化」を題材にしたHTC Vive向け教育コンテンツ『The Stanford Ocean Acidification Experience』を無料で配信しています。

海からサンゴがなくなる? 環境科学を体験

「海洋酸性化」とは、空気中に排出された二酸化炭素を海が吸収することで、海面・海中の酸性度(pH)が低下する現象のこと。このまま二酸化炭素の排出を抑制せずにいると、サンゴ礁の破壊など、海洋の生態系へ様々な影響を与えてしまうとされています。

こうした海洋への影響を視覚化することは困難ですが、スタンフォード大学の研究チームは仮想的な水中生態系を作ることで、海洋酸性化が進んだ未来を体験できるVRコンテンツを制作しました。

ゴードン・アンド・ベティ・ムーア財団とスタンフォード・ウッズ環境研究所からの資金提供を受けて、目に見えないCO2分子の動きや、サンゴ礁の劣化、海洋生物が消滅していく様子が描かれています。

『The Stanford Ocean Acidification Experience』は、Steam及びViveportで無料配信中です。

・公式サイト
http://vhil.stanford.edu/soae/

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ