VR版Instagramを目指すSpinnableがiOS版リリース。THETA Sで撮影して簡単に共有

百聞は一見にしかず。そして、360度の実写コンテンツは”全て”を物語ります。そんな360度の実写コンテンツの共有サービス『Spinnable』が始まりました。360度の静止画や動画を簡単に撮影し、共有することができるサービスです。

iOS版のダウンロードはこちらから

20160203185603

このSpinnableは、iOS向けのアプリが公開されています。今後Android版やデスクトップ版。そしてVRで体験するためのGear VR版のリリースを予定しています。

スマートフォンに保存していある360度コンテンツであればアップロードが可能ですが、実際にアプリないで撮影まで対応している360度カメラは現時点で最も手軽に360度撮影が可能なRICOH THETA Sです。

UIもほぼInstagramのままですが、共有されているコンテンツは全て360度。スマートフォンを動かすと写真がぐいぐい動きます。読み込みが速いのでかなりサクサクタイムラインを見ることができます。写真(または映像)をタップし、右下にあるゴーグルのマークを選択することで二眼のVRデバイスで体験するモードに切り替えることができます。写真にはいいねやコメントをつけることが可能です。

20160203010744

20160203010752

左下の5つのアイコンがメニュー。一番左がホームでその右はユーザー検索、そしてアップロード、いいねをした写真リスト、プロフィールと分かりやすくならんでいます。
20160203010736

ユーザーを探す画面。まだユーザー数が少ないため全員が表示されます。今後フォロワー同士の関係性からのレコメンドの表示などにも期待したいですね。
20160203010724

アップロードは3種類。スマートフォンのギャラリーにあるものをアップロード、THETA Sの内部にあるものをアップロード、そしてTHETA Sでの撮影です。
20160203184129

試しにTHETA Sに入っているものから選択。アップロードしたいものを選びコメントを入力するだけです。
20160203010748

撮影したものをそのままアップロードしたい際は、ライブビューで見ながら撮影が可能です。
20160203010728

現在はリリース直後ということもあり、まだ機能も不十分です。例えば、TwitterやFacebookなどとの連携機能は欲しいところですね。デバイスの対応と今後のアップデートに期待したいところです。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/