Space VR、宇宙で360度撮影を行うための人工衛星を発表

Space VRは、宇宙空間で360度撮影を行うためのカメラ「Overview 1」を発表しました。

Space VRは宇宙空間で撮影した360度動画、静止画をコンテンツ化することを目指しているスタートアップです。

この発表は、シリコンバレーで開催中のSVVR EXPO 2016の基調講演でCEOのRyan Holmes氏により行われました。

Space VR

登壇したHolmes氏は、地球上で起きている紛争や大気汚染などの社会的な問題を挙げました。宇宙飛行士などが宇宙に行くと宇宙から地球を眺めることで、地球で起きていることに対する意識が変化することがあります。これは「オーバービュー・エフェクト(Overview Effect)」と呼ばれています。Space VRは、このオーバービュー・エフェクトを、宇宙空間から地球を撮影した映像によってVRで起こすことを目指しています。

Space VR

そして、宇宙空間で360度撮影を行うための人工衛星「Overview 1」を発表しました。4Kの画質のセンサーを上下に2つ搭載した人工衛星になります。制作費は125万ドル(約1.25億円)。

Space VR

Overview 1 VR Camera CubeSat
by SpaceVR
on Sketchfab

Space VRはKickstarterでクラウドファンディングを行い、10万ドル(約1100万円)の資金を集めてゴールしています。Overview 1の打ち上げは2017年上旬を予定しています。

(関連記事)
国際宇宙ステーションをVRで体験するためのプロジェクト「Space VR」がKickstarterで目標達成

(参考)
SpaceVR: Step into Space by SpaceVR – Kickstarter

新発表、レポートなどSVVR EXPO 2016関連の記事はこちらからご覧いただけます。

SVVR EXPO 2016特集

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/