グーグル、VRで音楽制作ができる『Soundstage』の開発者を採用

グーグルはVRで作曲ができる音楽制作アプリ『Soundstage』を開発するLogan Olson氏を採用したと明らかにしました。

VR音楽作りアプリ『Soundstage』を開発したLogan Olson氏

『Soundstage』は、VRでドラムやピアノさらに音楽ツールを使い作曲することができるアプリで、プロフェッショナルレベルの音楽作りもできると人気でした。

https://www.youtube.com/watch?v=uYYPG4RQ63w

このアプリを開発したLogan Olson氏は、自身の経歴には「2008年からVRエンターテイメントの分野で経験を積んできた」と記しています。

彼が培ってきた知識や経験を今度はグーグルで発揮していくようです。

グーグルでOlson氏が具体的にどのようなことをするかはまだ明らかになっていません。

第2の『Tilt Brush』は誕生するのか?

VRで創作をする代名詞ともなりつつあるお絵描きツール『Tilt Brush』は、開発早期のタイミングで開発チームがグーグルに参加したという経緯があります。

Olsen氏の参画によって、VRでクリエイティビティーを発揮できる新たなアプリが開発されるのでしょうか、それとも既存のアプリが進化するのでしょうか。

Olson氏がグーグルに参加することによって『Soundstage』のさらなるアップグレードはなくなるようですが、彼がさらに創造的なものをグーグルで生み出してくれるのではないか、と期待が高まります。

(参考)
Google Hires Soundstage Developer to Work on Undisclosed Future Projects
https://uploadvr.com/google-hiring-soundstage-dev/ (英語)

この記事を書いた人

  • 力触覚を中心としたバーチャルリアリティを専攻する学生。幼少期から趣味でゲーム開発を行い、やがてVRにたどり着く。現在はコンテンツ開発やデバイス開発を勉強中。

    Twitter:@FoltTenor

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ