VRで電車の「運転士目線」を体験 相模鉄道が開催

VR・360度動画は自分の周囲を見回せるため、まるで自らが体験しているかのような感覚を得ることができます。今回、VRゴーグルを使用して電車の運転士になったかのような体験ができるイベントが開催されます。

本イベントは、相模鉄道などを展開する相鉄グループの創立100周年を記念して開かれる展示会です。12月16日から25日までの10日間、神奈川・横浜のショッピング施設「横浜髙島屋」にて行われます。

相鉄グループは2017年12月18日に創立100周年を迎えます。神奈川県央と横浜を結ぶ相模鉄道を事業の中核とし、不動産やホテル事業なども展開しています。今回開催するイベントは、グループ100周年のあゆみを写真パネルで紹介するとともに、鉄道事業への理解と親しみを深めてもらうことを目的として開かれます。

VRゴーグルを装着する展示では、相鉄線新型車両の運転席からの走行風景や、開通前の相鉄JR直通線(2019年下期予定)のトンネル内の風景を見ることができます。


運転士訓練用のシミュレーター

また、相鉄線の運転士が使用している実際の運転シミュレーターの体験(事前申込み制)や、運転士が携帯するカバンの中身などが展示されます。そのほかにも、駅員がホームから路線に落ちた物を拾う「安全拾得器」や、車掌にドアを締めるタイミングを知らせる合図灯の操作などといった鉄道員の仕事を体験できるコーナーも設けられているとのことです。

展示内容の一覧はこちらより。

イベントの概要

開催日

2017年12月16日~25日

場所

横浜髙島屋8階特設会場
(横浜市西区南幸1丁目6番31号)

アクセス

「横浜駅」西口より徒歩1分

入場時間

10:00~19:30(20:00閉場)
12月16日、12月20日〜24日は20:00まで(20:30閉場)
12月25日は17:30(18:00閉場)

入場料

無料

主催

相鉄グループ・神奈川新聞社

特設ページ

http://sotetsu100.jp/daisotetsuten/

(参考)
相鉄グループ ニュースリリース
http://www.sotetsu.co.jp/news_release/index.html

関連するキーワード: 相模鉄道

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!