ソニー、距離画像センサー技術を保有するベルギーのソフトキネティックシステムズ社を買収

10月8日、ソニーはベルギーのSoftkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ)社を買収したことを発表しました。

ソフトキネティックシステムズ社は、ToF方式と呼ばれるイメージセンサーを用いた距離測定を可能にする距離画像センサー技術を保有しています。ソニーは、同社の買収により、イメージセンサー技術に応用とするとし、「イメージセンサーを、撮像して記録する用途だけでなく幅広い情報をセンシングするためのセンサーとして活用していく一環として、新しい距離画像センサーの開発を進め」る、としています。スマートフォンやデジカメといったカメラのイメージセンサーにはソニーのイメージセンサーが多く使われています。

今回買収したソフトキネティックシステムズ社のセンサー技術は、AR/VR分野でも活用可能性があるものであり、今後ソニーのどのような製品に技術が応用されていくのか注目したいところです。

ソフトキネティックシステムズ社の技術紹介動画

https://www.youtube.com/watch?v=sYLkCp23xVU

※ToF方式:光源から出された光が対象物で反射し,センサーに届くまでの光の飛行時間(遅れ時間)を検出することで、対象物までの距離が得られる距離測定の方式の一つです。ToF方式距離画像センサーは、ToF方式で測距する画素をセンサー上に二次元で配列し、とらえた画像から、対象物までの距離イメージを得ることができる。

(参考)
ソニー公式 / 距離画像センサー技術を保有するベルギーのSoftkinetic Systems S.A.(ソフトキネティックシステムズ社)を買収
~ 新しい距離画像センサーの開発と、そのソリューションの提供に向けて ~
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201510/15-083/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/