雪まつり会場で世界チャンピオンの攻撃を体験「雪合戦VR」

2月6日~12日開催の「第68回さっぽろ雪まつり」大通11丁目会場国際広場内特設ブースにて、昭和新山国際雪合戦をバーチャルリアリティ体験できるコンテンツが設置されます。

株式会社ダブルエムエンタテインメントが、昭和新山国際雪合戦実行委員会の依頼で制作し、体験PCはTSUKUMOブランドを展開する株式会社ProjectWhiteが協力しました。

コートの外ではわからない、スポーツとしての雪合戦の迫力、緊迫感、恐怖、熱狂などの魅力を、3D立体視と360度映像で体験できるのこと。

VR体験のイメージ

雪合戦大会現地のコートを再現したブース内でOculus Riftを装着し、世界チャンピオンチーム「SKYWARD」の攻撃を体験します。

「昭和新山国際雪合戦」は北海道壮瞥町で発祥。国境を越えたボーダレス・スポーツで、現在12カ国で大会・イベントが行われています。

大会公式ページ:http://www.yukigassen.jp/

「雪合戦VR体験」展示日概要

日程

2月6日・11日・12日 10:00~20:00
2月7日~2月10日 13:00~19:00

場所

「第68回さっぽろ雪まつり」大通11丁目会場国際広場内特設ブース

さっぽろ雪まつり公式サイト:http://www.snowfes.com/

今回のコンテンツを制作した、株式会社ダブルエムエンタテインメントは、他にも、360度写真、動画のライセンス利用サービス「Panon Library」や、プロバスケットボール選手の360度映像コンテンツなどを制作しています。

この記事を書いた人

  • 情報系の学生です。VRやARについて勉強中。より多くの方にVRの魅力を知っていただけるよう頑張ります!

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ