クアルコム、AR/VR対応の新型モバイルプロセッサSnapdragon 835を発表

スマートフォン等に搭載されているプロセッサを開発しているクァルコムは、CES2017にて最新のモバイルプロセッサSnapdragon 835を発表しました。このモデルは以前のモデルより30%小さく、27%強力で40%以上効率的とのこと。モバイルVRやARにも対応するように設計されています。

Snapdragonシリーズの最新モデルSnapdragon 835

クアルコムのプロセッサは世界のモバイル機器の大部分を占めるほどの高いシェアを誇っています。そのラインナップであるSnapdragonプロセッサシリーズは、モバイル分野の小型化、省電力化を主導しています。

CES 2017でクァルコムは、最新の製品であるSnapdragon 835を発表しました。新しいSamsung 10nm製造プロセスを使用して構築されたこの新しいシステムオンチップ(SoC)は、前モデルであるSnapdragon 820よりも大幅な電力効率向上を達成しています。 また、クアルコムは、835が820より40%少ない電力消費を実現しつつも、パフォーマンスを27%向上させています。 低電力消費と処理速度の改善は、スマートフォンのバッテリー寿命がより長くなることを意味します。

しクアルコムは、モバイルAR/VRにはまだ熱の問題と電力消費の問題があるとして、AR/VR技術への対応を進めています。そして、Snapdragon 835がVRおよびARのレンダリング性能を向上させ、3Dグラフィックのレンダリングでのパフォーマンスが25%向上しています。

Snapdragon 835は、グーグルが進める高品質なスマホVRプラットフォームDaydreamに対応しています。今後、どのスマートフォンに搭載されるかは不明ですが2017年前半から搭載スマートフォンが市場投入される見込みです。

(参考)

Road to VR

Qualcomm Positions New Snapdragon 835 Mobile Processor Toward AR and VR

※Mogura VR は、Road to VRとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ