スカイマークら、研修にVR導入を検討 航空機の安全運航

VRコンテンツや360度動画は、自分の周囲360度を全て見回せるため、状況や環境を疑似体験することなどが可能です。この特徴を活かし、VR企業の研修や訓練においても活用がされています。

今回、スカイマーク株式会社とソフトバンク株式会社は航空機の安全運航に向けた取組の一環として、VR技術を活用した映像コンテンツによる研修効果を検証を開始します。本検証は、技能向上や知識習得などに有効活用を期待して取り組まれます。


非常脱出スライドを展開した際の機上からの見え方

両社は、従来の研修や訓練などにVR技術を活用したコンテンツを導入することで、普段あまり体験することのない状況を疑似体験し、より具体的なイメージを持つことを目的として検証を行います。

Mogura VRでは、VRを用いた企業の研修事例のまとめを紹介しています。

(参考)
ソフトバンク株式会社 プレスリリース
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2017/20171228_01/

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: スカイマークソフトバンク

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!