CG界の一大イベントSIGGRAPH2015で展示される注目のVR技術

8月9〜13日、ロサンゼルスで開催されるコンピューターグラフィックスの学会SIGGRAPHでは、数々の関連展示が行われます。

VRに関する展示は、「VR village」と名付けられた特設コーナーにてまとめて展示されます。
その一部を紹介しましょう。

VRの体験をよりリアルにする研究

南カリフォルニア大学のクリエイティブ・テクノロジー研究所では、VR空間におけるバーチャルな物体との距離感を研究しています。ストップ・モーションで表現された物体をVR空間で奥行きがあるようにリアルに表現する技術や、実際の空間よりも広い空間を歩き回っているように知覚させる技術を展示しています。

https://www.youtube.com/watch?v=K3xqklcMqxc

スイスのモーションキャプチャーの専門家集団Artanimは、現実とVRの世界をつなげる技術を展示しています。動画では、実際に現実を歩きながら、古代エジプトのファラオの墓を探索する様子がわかります。以前より紹介しているVRアトラクション施設VOIDで使われる技術と似ていますね。

https://www.youtube.com/watch?v=oX3JVbRNMa8

スマホで撮影した顔写真から3Dのアバターを作成する技術も展示されています。VRに取り込んで使うことでソーシャルなアプリケーションでよりリアルな体験ができるようになるかもしれません。研究しているのはスイスのコンピューターグラフィックスと位置情報の研究チームです。

https://www.youtube.com/watch?v=6zP0E2atshw

ソニーは、NASAと共同研究しているVRテストを展示しています。PS4向けのProject MorpheusとPS Moveコントローラーを使い、ロボットが現実の課題をクリアしていく過程をシミュレーションするものです。

c109-e1026-publicimagethumbnail

スタンフォード大の研究チームは、これまでとレンズの構造が異なる酔いにくいVRヘッドマウントディスプレイのプロトタイプを展示しています。このVRHMDに関して紹介している記事はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=jUAEb0YFOeo

2015年5月にKickstarterで約30万ドルを集めたモバイルVRヘッドセットImpression Piもその開発の進捗状況を展示します。このヘッドセットの特徴は、ポジショントラッキングやジェスチャーのトラッキング、AR機能になり、これまでのモバイルVRHMDでは実現していない機能を実装しようとしていることです。

https://www.kickstarter.com/projects/impressionpi/impression-mobile-vr-ar-with-gesture-position-trac

(参考)
UploadVR – SIGGRAPH showcases jaw-dropping VR research and experiences
http://uploadvr.com/siggraph-reveals-key-vr-advances-experiences/

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/