スーパーの店員が働きながら、襲ってくる果物を撃退するVRゲーム 12月20日配信

イギリスのゲームスタジオnDreamsが開発する『Shooty Fruity』が12月20日から配信を開始します。本作はシューティングとジョブシミュレーションを融合したVRゲームで、PlayStation VR、Oculus Rift、HTC Viveに対応しています。

『Shooty Fruity』について

『Shooty Fruity』ではシューティングとジョブシミュレーションゲームが混ざったような体験になっています。プレイヤーはスーパーマーケットの従業員として、レジ打ちや商品のパッケージングなどのタスクをこなす。一方で、ミュータント化して襲いかかってくる獰猛な果物を、様々な武器を用いて撃ち倒すという内容です。

https://www.youtube.com/watch?v=tuWkPIV7Hw8

プレイヤーはスーパーマーケットの従業員としてのタスクをこなすことで様々な武器をアンロックすることができます。リボルバーやショットガン、ボムランチャーなどの様々な種類の武器を使用することができます。

プレオーダー受付中、先行予約の特典も

『Shooty Fruity』は現在予約受付中です。先行予約の特典として、武器としてグレネード弾やスキンパックなどを無料でダウンロードできます。

本作は日本ではSteamから予約可能です。価格は2,050円です。

(参考)
Road to VR / ‘Shooty Fruity’ Coming to All Major VR Platforms December 19th, Launch Trailer Here(英語)
https://www.roadtovr.com/shooty-fruity-coming-major-vr-platforms-december-19th/

Mogura VRはRoad to VRのパートナーメディアです。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

この記事を書いた人

  • PSVRを体験したことをきっかけにVRにハマり込みました。VR空間の住人になることを夢見つつ、日々VR/ARの最新情報を追っかけています。