コロプラが白猫プロジェクトのVR移植版『白猫VRプロジェクト』をGear VR向けに無料配信スタート!

株式会社コロプラ(以下、コロプラ)は、日本で発売されたサムスンのVRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)「Gear VR」向けに『白猫VRプロジェクト』の提供を開始しました。

150109_01_01

『白猫VRプロジェクト』は、同社が提供しているスマホ向けアクションRPG『白猫プロジェクト』をVRで楽しめるように移植したもの。ゲーム自体は30分程度で完結しますが、おなじみのキャラクターや技が登場し、没入感の高い体験を味わうことができます。

2015年にはOculus Rift DK2に対応したバージョンがリリースされており、今回は日本で発売されたサムスン社のGear VR向けに改良を加え、発売と同時に提供されるローンチタイトルとして公開されました。Gear VRを持っている人は、Oculus Storeよりダウンロード可能です(Gear VRを装着していても、未装着でもいずれの状態でもダウンロード可能)。

スマホ操作のまま購入する際はこのように表示されます。

Gear VRは、サムスンのスマートフォンGalaxy S6/S6 Edgeを装着してVR体験ができるVRHMDで、全国の家電量販店のオンラインストアで販売されています。

操作は、3種類用意されており、Gear VRの側面にあるタッチパッド操作、ゲームパッドでプレイが可能なほか、Oculus Rift版と同じく、スマートデバイス向けにコロプラが独自開発した、VRタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』にも対応しています。

image1タイトル画面

image5戦闘シーン。カメラは実際はもう少し近くに見えるが、やや遠め。Oculus Rift版で近すぎて酔いやすかったため、改善された。

image2本家『白猫プロジェクト』と同様に必殺技も使える!

image4ミッションをクリアするとステージセレクトに戻る

image1

Gear VR向けには、既に海外で開発されたゲーム、VR体験が60以上配信されていますが、今後は日本製のタイトルも増えていくことが予想されます。

ゲームから実写、フルCGまで。サムスンの「Gear VR」で体験できるタイトルが一挙公開

サムスンのGear VR、米国以外でも有料コンテンツの購入が可能に

(スクリーンショット提供:ザバイオーネ氏)


(参考)
コロプラ、『白猫VRプロジェクト』を「Gear VR Innovator Edition for S6」向けアプリとして提供開始 -コロプラ公式
http://colopl.co.jp/news/pressrelease/2015050101.php

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/