重機訓練にVRを活用 カナダのスタートアップがビジネス拡大

カナダのスタートアップSerious Labsは、500万ドル(5.5億円)超の資金調達と建機レンタル大手との大型契約を発表しました。

Serious Labsはカナダのアルバータ州エドンモントンを拠点に、重機業界向けのトレーニング用VRシミュレーターを開発している企業です。クレーンや高所作業車、爆破などのVRシミュレーションが同社のWebサイトで確認できます。資金調達を受けるだけでなく、建機レンタル大手とも契約を結びビジネスを拡大しています。

たとえばクレーンの訓練用VRシュミレーターの場合、VRヘッドセットに加えてハンドルとブレーキ、アクセルなどを用意して実際の操縦環境を再現しています。VR空間でリアルな映像を確認しながら、実践に近いハンドルさばきを体験可能。いままでにない実践的な訓練を提供しています。

Serious LabsはVRを使用しないトレーニングアプリも開発しています。このシミュレーターはスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどで作動可能。重機を安全に扱う訓練に広く貢献しています。

https://www.youtube.com/watch?v=FfpaJC-gldI

Serious Labsは他にもOneRoomというVR空間に最大8人が交流できるプラットフォームを開発。メールや電話だけでは伝わりずらいことを、VR空間を使って表現することでより伝わりやすくします。同じ場所にいなくても、世界中からアクセスして交流しながら仕事の流れを確認可能です。

同社はBrick and Mortar Venturesから500万ドルの資金調達に加えて、建機レンタル企業ユユナイテッド・レンタルズと350万ドル以上の契約を行ったことを発表。資金はフォークリフトやバックホー、スキッドステアローダーなどさらに新しいVRシミュレーター開発に使用するとのことです。

(参考)
UploadVR / VR Training Developer Serious Labs Secures $5 Million in First Round Funding -(英語)
https://uploadvr.com/vr-training-developer-serious-labs-5-million-funding/

 

関連するキーワード: Serious Labs

この記事を書いた人

  • IT・テック系を中心にライター兼翻訳者として活動。ゲーム翻訳にも携わっています。エンタメや医療などさまざまな分野で存在感を増すVR・ARに興味津々です。特に身近なモバイルVRのこれからに注目しています。

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!