ゼンハイザーら、VRでの立体音響実験を開始 ビジネス・エンタメに活用  

音響機器メーカーであるゼンハイザージャパン株式会社とVRソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.(ディヴァース)は共同で、VR空間における立体音響に関する実証実験を開始しました。

本実験は不動産における室内音響の再現や、コンテンツ開発におけるハイエンドな音響演出などといった、ビジネス分野とエンタテインメント分野での利用を想定しているとのことです。


両社はVR空間において臨場感・没入感を高める要素として「視覚」の次に重要なものを、「聴覚」「触覚」としています。その中から「聴覚」にフォーカスして、VR空間の立体音響シミュレーションの可能性を広げるために本実証実験を開始しました。

両社の技術でVR空間内の立体音響を研究


『SYMMETRY』体験画像

実証実験『PROJECT OMNIVERSE(プロジェクト オムニヴァース)』は、VR空間の建築データに対し、まるでその場にいるかのような立体音響を再現可能にするシミュレーションや、VRコンテンツの臨場感・没入感を向上を目指すものとなっています。

ディヴァースのVR空間内でアイデアやデザインの共有が行えるVRツール『SYMMETRY(シンメトリー)』と、ゼンハイザーの空間全体の音場を再現する音響技術「Ambisonics(アンビソニックス)」を利用して実験を行うことです。

また、収録された環境音を再現するだけではなく、新たな音源の追加・加工などにより、VR空間に最適化された立体音響の開発も行うとのこと。

(参考)
VRソフトウェア開発のディヴァース、ゼンハイザーと共同でVR空間での立体音響シミュレーションの実証実験を開始 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000014483.html

関連するキーワード: DVERSEゼンハイザージャパン

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ