SCSK、3DCADデータをVRに表示 製造業向け提供

ソフト・ハードウェア開発などを手がけるSCSK株式会社は、サイバネットシステム株式会社と販売代理店契約を締結したことを発表しました。

本契約により、SCSKはサイバネットが開発する3DCADデータをVR空間に表示させる製造業向けVRソリューション「バーチャルデザインレビュー」の提供を12月22日から開始します。

製造業のデザイン部門におけるビジュアライゼーションだけではなく、設計部門での設計レビュー業務、現場教育に対してVRツールによるモノづくり支援を提供するとのことです。

バーチャルデザインレビューは、3DCADデータの変換・加工などの手間をかけることなくVR空間に表示できるシステムです。また、遠隔地を含む複数の人が同じVR空間内でコミュニケーションを取りながらレビューできるものとなっています。これまでに本システムは、VR空間で人の動きを検証することによりデザインレビューを支援するシステムに採用されています。

本システムを用いることで、3DCADデータの形状を変換することなくVR空間に表示できるため、設計者同士のレビューやコミュニケーションが可能となります。状況を共有することで、モックアップを製作する時間・コストを削減し、スピーディーな製品開発が期待できます。

また、実際には入ることが難しいような危険な場所でも、現場のCADデータや点群データを使用して、VR空間に現場を再現することが可能です。現場に行く前に実際の環境に近い空間で保守作業などの操作教育を実施することが可能とのことです。

「バーチャルデザインレビュー」の価格は、600万円(税別)から。

(参考)
SCSK株式会社 ニュースリリース
https://www.scsk.jp/news/2017/press/product/20171222.html

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!