サムスン、次期VRヘッドセットは“動き回れる一体型”へ

サムスンは10月に開催された年次の開発者会議で、同社が開発する次世代のVRヘッドセットは、動き回ることができる一体型VRヘッドセットになることを明らかにしました。

この一体型VRヘッドセットは、サムスンがこれまで発売してきたスマートフォンやPCを使うVRヘッドセットとは異なり、単体で動作する一体型です。また、外部センサーが不要で動き回ることができるほか、手に持って自由に動かすことのできるコントローラーが付属するとのこと。

スマートフォン装着型とPC接続型のその次は一体型

これまでサムスンは2種類のVRヘッドセットを開発・販売してきました。1つは2015年末に発売された、モバイルVRヘッドセット「Gear VR」です。Oculus社との提携により、スマートフォンGalaxy専用で高品質なVR体験が可能です。

また、2017年11月には、PC向けの「Odessey」(日本未発売)を発売しました。こちらは、マイクロソフトのWindows MRに対応した没入型のVRヘッドセットです。センサー不要でOculus RiftやHTC ViveのようにハイエンドなVR体験が可能になります。

開発者会議の場で、サムスン電子の副社長であり、R&D;部門長を務めるTaeyong Kim氏は、「Gear VRとOdesseyの良いところをどう次世代のVRデバイスに取り入れるのかが問題になる」と述べ、次世代のVRヘッドセットは「インサイドアウト方式のポジショントラッキングを搭載し、6DoF(※)のコントローラーが使える一体型VRヘッドセットになる」と語りました。これによって「完全にモバイルなVRヘッドセットが実現する」としています。

駆動形式

位置トラッキング

手のトラッキング

Gear VR

スマホ装着

なし

3DoF

Odessey

PC接続

あり

6DoF

次世代VRヘッドセット

一体型

あり

6DoF

※3DoFと6DoF:その場での回転のみ可能、VRでの手の動きは擬似的なものになるため、再現度は低い。6DoFは3DoFに対して前後上下左右の移動を含む現実の動作の完全な再現が可能なことを意味する

動き回ることのできる一体型のVRヘッドセットはより使いやすくなるということで、VRの普及に貢献する次世代デバイスとして注目を集めています。OculusはすでにSanta Cruzという一体型VRヘッドセットのプロトタイプを発表しています。また、HTCがコントローラーが3DoFですが、中国市場向けにVive Focusを発表しているほか、グーグルがLenovoと一体型VRヘッドセットを開発中です。

サムスンは2017年7月のMobile World Congressにて一体型VRヘッドセット『ExynosVR III』のリファレンスモデルを展示しました。4K画質で位置トラッキングや手のトラッキングが可能なものでした。

各社の一体型VRヘッドセットは、2017年末から2018年にかけて製品・開発者版が登場予定です。今後どのような形で製品化されるのか注目したいところです。

Taeyong Kim氏の講演はこちらから完全版を見ることが可能です。

関連するキーワード: Samsung

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!