サムスン、ニューヨークにVRコンテンツ専用スタジオを設立することを発表

サムスンはアメリカで開催されているサンダンス映画祭にて、VRコンテンツ専用のスタジオをニューヨークに設立することを発表しました。

image201601261159211

サムスンはOculusと共同開発したスマホ向けVRヘッドマウントディスプレイGear VRを開発・販売しています。また、Gear VR向けに360度コンテンツの配信プラットフォーム『Milk VR』を展開(北米限定)し、ウォーキング。デッドのクリエイターらが手がける『Gone』などいくつのかコンテンツの制作に協力しています。

一方、サムスンはハードウェアメーカーとして360度カメラの開発も行っており、Project Beyondという名称が明らかになっています。年明けに開催されたCESではプレスカンファレンスでの発表があったもののブース展示はなく、今回のスタジオで利用されるのかは不明です。

image201601261204541

昨年のサンダンス映画祭では同様にOculusがOculus Story Studioの立ち上げを発表しています。

関連記事:「ウォーキング・デッド」のクリエイターら、インタラクティブな実写VR作品『Gone』を製作中

(参考)
VR Focus / NEW SAMSUNG VR STUDIO ANNOUNCED AT SUNDANCE 2016
http://vrfocus.com/archives/28323/new-samsung-vr-studio-announced-at-sundance-2016/

※英VR FocusとMogura VRはパートナーシップメディアです。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ