サムスン、ニューヨークにVRコンテンツ専用スタジオを設立することを発表

サムスンはアメリカで開催されているサンダンス映画祭にて、VRコンテンツ専用のスタジオをニューヨークに設立することを発表しました。

image201601261159211

サムスンはOculusと共同開発したスマホ向けVRヘッドマウントディスプレイGear VRを開発・販売しています。また、Gear VR向けに360度コンテンツの配信プラットフォーム『Milk VR』を展開(北米限定)し、ウォーキング。デッドのクリエイターらが手がける『Gone』などいくつのかコンテンツの制作に協力しています。

一方、サムスンはハードウェアメーカーとして360度カメラの開発も行っており、Project Beyondという名称が明らかになっています。年明けに開催されたCESではプレスカンファレンスでの発表があったもののブース展示はなく、今回のスタジオで利用されるのかは不明です。

image201601261204541

昨年のサンダンス映画祭では同様にOculusがOculus Story Studioの立ち上げを発表しています。

関連記事:「ウォーキング・デッド」のクリエイターら、インタラクティブな実写VR作品『Gone』を製作中

(参考)
VR Focus / NEW SAMSUNG VR STUDIO ANNOUNCED AT SUNDANCE 2016
http://vrfocus.com/archives/28323/new-samsung-vr-studio-announced-at-sundance-2016/

※英VR FocusとMogura VRはパートナーシップメディアです。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/