VRで変わる医療 手術の練習にブタではなくVRを活用

アメリカ・シカゴのラッシュ大学医療センターは、手術の練習のためにVRを活用することを決定、発表しました。

医療VR

ラッシュ大学医療センターでは、産科と婦人科の手術練習にVRの技術が導入されることが決定しています。シカゴサンタイムズ紙の発表によれば、VR技術の現場への導入は2016年8月に行われる予定です。実際の技術導入に当たっては、一般販売されているソフトウェアではなく、特殊なソフトウェアが使用されます。

VRと医学のコラボレーションが、人類の将来にとって大きな意味のあるものとなることは間違いありません。従来、ラッシュ大学医療センターでは手術練習のために生きたブタを検体として用いていました。今回VRの導入が決定されることとなったため、検体としてのブタの使用は取り止められます。

このようにVRと医学を掛け合わせれば、人間だけではなく動物の命をも救えるようになるかもしれません。

このような背景から、アメリカの動物愛護系市民団体である動物の倫理的扱いを求める人々の会はVR技術を医療現場へ導入するための支援として6,000ドルを投資することを発表しました。

(関連記事)
医療教育にVRを活用しているMedical Realities、日本時間14日22時より大腸がんの手術を全世界に向けてVRストリーミング配信
VRが赤ちゃんの命を救った。医療現場への活用の第一歩。

(参考)
CHicago’s Rush University Medical Center is swapping pigs wit VR for surgery practice – UPLOAD
http://uploadvr.com/rush-university-medical-center-vr/

この記事を書いた人