【PSVR】『ローラーコースタードリームズ』12月22日に発売日決定!

PlayStation VR(PSVR)対応ソフトの『ローラーコースタードリームズ』の発売日が2016年12月22日に決定しました。

本作は、遊園地を経営したり、遊園地のアトラクションに乗って遊んだりすることができるシミュレーションゲームです。

遊園地を経営していこう!

本作は、PSVR対応を謳っていますが、経営シミュレーションゲームです。経営部分はPSVRに対応していないので注意しましょう。

その経営シミュレーション部分ですが、遊園地作りはとてもシンプル。設備を角度をかえて、位置を決めて、○ボタンを押すだけの簡単作業です。

しかし、てきとうに設置して繁盛するほど甘くはありません。お客さんの移動ルートや利便性などを考えて設備を設置する必要があります。お客さんはコンピューターでシミュレートされており、いくつかのパラメーターが設定されています。「楽しくない」「疲れた」と感じると家に帰ってしまいます。

             考えずに作るとこのように言われることも

そこで重要となるのがお客さんの声です。このデータを見ながら、遊園地を改善していきましょう。

また、アトラクションの研究開発費、スタッフの給料の設定、ネットやテレビでの宣伝など、やることはさまざま。また、経理データも見ることができます。経理データーは現実になるべく近くなるよう設定されているとのことで、経営者気分が味わえます。

そして、作った遊園地はインターネットで公開できるようになります! 高い評価を受けるとゲーム内での入園者数が増加します。

VR対応「フリーウォーキングモード」で遊園地に行こう!

VR対応となっているモードが「フリーウォーキングモード」です。「フリーウォーキングモード」のうち、バンパーカー、案内マップ、ゴーカートの上空視点モード(ドライバー視点モードを除く)はVRモードでの利用が禁止されています(VR酔い対策のため)が、それ以外はすべてVRモードで遊ぶことができます。

アトラクションの中にはミニゲームで遊ぶことができるものがあります。ミニゲームは現時点で明らかになっているものでも12種類あります。お化け屋敷やゴーカートなどの有名どころから、ゾンビとの舞踏会など奇抜なものまでそろっています。

なお、デフォルトではVRモードでの利用が制限されているミニゲームがあるとのことです。

VRモードでは、移動時の方向転回に45度単位と無段階を選ぶことができ、移動スピードもオプションで変更できるとのことです。

そして、3Dバーチャルサラウンドに対応しているため、ヘッドホン、イヤホンを装着して使用することがオススメとのことです。特に、BGMの一部には低音のビートが心地よいものを採用しているので、低音重視のヘッドホンだとより心地よい体験ができます。

ここまで自由なのか……ジェットコースターは“自由自在”に設計可能!

そして、本作の気合いの入っているモードが、ジェットコースターです。ジェットコースターエディター「カルモフ」を搭載したことにより、無限のパターンのジェットコースターを生成可能! 多くの3Dエディターで採用されている4画面モードを搭載するなど、力の入れようがうかがえます。

もちろん、1画面モードも用意されています。

また、決められた条件で高得点のジェットコースターをつくる「チャレンジモード」も搭載されています。

PlayStation4 Pro対応でより綺麗に!

また、本作はPlayStation4 Proに対応しています。それにより、オブジェクトがより遠くまで、より詳細なモデルで表示されたり、影(シャドーマップ)の解像度が上がる(TVモードのみ)といった改善があります。

『ローラーコースタードリームズ』 公式サイト

http://www.bimboosoft.com/jp/RD/

・ソフト情報

タイトル:ローラーコースタードリームズ

ジャンル:シミュレーション

発売元:

有限会社びんぼうソフト

発売日:2016年12月22日発売予定

対応プラットフォーム:PlayStation4(PS VR対応)(※PlayStation Storeからのダウンロード販売、体験版あり)

価格:2,500円(税込)

プレイ人数:1人

CERO:A(全年齢対象)

(参考)

『ローラーコースタードリームズ』 公式サイト

http://www.bimboosoft.com/jp/RD/

PlayStation VRについての最新情報はこちら

PlayStation VRで体験できるソフトの紹介はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人