【動画あり】ギターとOculusで誰でもロックスターになれる『Rock Band VR』が発表

12月4日(アメリカ時間12月3日)、開催されたゲームイベントThe Game Awardにて、Oculusの創業者パルマー・ラッキー氏より新たにOculus Rift向けのコンテンツとして『Rockband VR』が発表されました。

CVWbnGsWIAEYcOi

パルマー氏が事前に「特別な発表」としてTwitterで予告していた発表でした。

『Rock Band』は海外で人気の音楽ゲーム。ギターやベースのコントローラーを使い、ロックスターになったような気分で遊ぶことができます。

The Game Awardは2015年のベストゲームを決めるイベントであり、お祭りのような雰囲気で開催されます。

CVWcV2XUAAAFoxk

CVWcV76VEAAV-oH

パルマー氏が登場する前に流れたムービーでは、パルマー氏がメタルバンドDragonforceの面々とギターを演奏したりするシーンが披露されました。

https://www.youtube.com/watch?v=ryA6CaaKa3c

ムービー終了後、パルマー氏がギターを持って登場。興奮気味に自分が大ファンであるDragonforceとのセッションについて語り、さらに誰もが『Rock Band VR』によって、そういう演奏体験ができるようになると話しました。

Screenshot 2015-12-04 at 12

『Rockband VR』は、「演奏」や「パフォーマンス」といった体験に焦点をあてたVRのコンテンツとして興味深いものです。日本ではPlayStation VR向けにVRでのカラオケ「JOYSOUND VR」を開発しています。
Rift製品版に関する新情報はありませんでしたが、音楽とVRを近づけるコンテンツとして注目したいところです。

関連記事:Oculus創業者パルマー・ラッキー、12月3日のイベントで「特別な発表」を予定
関連記事:カラオケの楽しさを引き上げるVRカラオケ。JOYSOUND VRで「千本桜」を熱唱してきた。

Oculus Rift対応のコンテンツの紹介はこちら

Oculus Riftに関する最新情報はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/