VR・AI活用のロボットアーム プログラム不要、人の動きを学習

デンソーウェーブ株式会社、ベッコフオートメーション株式会社、株式会社エクサウィザーズの3社は、VRとAIを活用したロボットアーム「マルチモーダルAIロボット」を開発しました。同ロボットアームは、人に作業を教えることと同じように行動を学習させることが可能とのことです。

「マルチモーダルAIロボット」は、多指ハンドを装着した双腕型ロボットアームです。全天球カメラを利用したVRシステムを用いて双腕型ロボットアームを動かし、その動きから得られる情報を学習させることで、直感的に作業を覚えさせることができます。

従来のロボットシステムでは、ロボットアームで不定形物を扱う作業を実行させるためには、莫大な量のプログラムを組む必要がありました。「マルチモーダルAIロボット」は、記録された情報を学習させることで、複雑なプログラムを組むことなく、人の作業を学習させることが可能です。

本開発は、ベイクシー株式会社から多指ハンドの提供を受け、早稲田大学理工学術院のAIロボット研究者・尾形哲也教授からのアドバイスを受けており、産学連携のイノベーション事例です。

「マルチモーダルAIロボット」は、東京ビッグサイトで開催される「2017国際ロボット展」のデンソーウェーブブース、および「SCF2017」のベッコフオートメーションブースに展示されるとのことです。

(参考)
デンソーウェーブ、ベッコフオートメーション、エクサウィザーズ、ディープラーニングでロボットアームをリアルタイム制御する双腕型マルチモーダルAIロボットを開発 / PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000013815.html

関連するキーワード: エクサウィザーズデンソーウェーブベッコフオートメーションマルチモーダルAIロボット

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!