米国でリオ五輪のVR番組放送が決定 放送は85時間以上

リオデジャネイロ五輪 VR

NBC Olympicは、2016年8月開催のリオデジャネイロ五輪を、VR番組として放送することを発表しました。番組の総時間は85時間に及ぶ予定。Gear VRと、『NBC Sports』のアプリを使って視聴することができます。オリンピックをVR上で放送することは世界初の試みとなります。

NBCはアメリカの3大放送ネットワークのひとつ。今回の番組の撮影はオリンピック・ブロードキャスティング・サービス(OBS)が担当する予定です。

世界初、VRでオリンピックを見る

公式では放送内容について、「開会式と閉会式、そして男子バスケットボール(セミファイナル、およびファイナル)、体操、陸上、ビーチバレー、ダイビング、ボクシング、フェンシング・・・とこれらのハイライト」と告知されています。これ以外の種目が追加されるかは不明です。

リオデジャネイロ五輪 VR

また今回のVR番組は生中継ではなく、収録したものを後日放送する形式となりそうです。NBCは放送予定について「開会式の開催は8月5日だがVR放送は翌日の8月6日、閉会式は8月21日に行われるが放送は8月22日」としています。競技の放送予定については明らかになっていません。

また視聴するためのデバイスは、サムスンのGear VR(とそれに必要なGalaxyシリーズのスマホ)のみ。Oculus RiftやHTC Viveなどの他デバイスでは放送の視聴はできません。なお、アプリの配信が日本でも行われるかは不明です。

サムスンは過去にユース五輪開会式のVR生中継も

サムスンはワールドワイドオリンピックパートナーの企業。2020年の東京オリンピックでも同様に名を連ねています。2016年リオ五輪ではオフィシャルスマートフォンパートナーにもなっています。

彼らは既に、2016年2月に行われたリレハンメルユース五輪の開会式VR生中継にも取り組んでおり、VRをメディアとして活用することに積極的です。

オリンピック以外にも、さらにはスポーツ以外でも、VR中継をするという試みは世界各地で盛んに行われており、今後の発展が期待される分野です。

(関連記事)
サムスン、冬季ユース五輪セレモニーをVRストリーミング配信予定

(参考)
NBC Sportsプレスリリース(英語)
http://nbcsportsgrouppressbox.com/2016/06/30/nbc-olympics-to-provide-virtual-reality-coverage-of-rio-2016-exclusively-with-samsung/

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/