Oculus Rift、一般発売に向けFCC認証取得へ

Oculusは、3月のOculus Riftの一般発売開始へ向けてFCC認証のための申請を行っています。アメリカで電化製品を一般販売する場合、FCCの認証を取得しなければなりません。

20160202180616

Oculusの申請に関連する文書は、連邦通信委員会のウェブサイトで公開されています。回路図や部品表、動作原理などは非公開、内部写真、ユーザーマニュアル等は180日間の非公開となっています。
FCCによるテスト結果などは、こちらのFCCのデータベースから閲覧することができます。文章の公開日時は全て2016年1月6日、Oculus Riftの先行予約が始まった日です。

公開されている写真からは、小型コントローラーとして付属するOculus Remoteが小型のボタン電池によって駆動することなどが分かります。

20160202180616[1]

なお、ハンド・トラッキング用のOculus Touch(2016年後半に発売)に関してはほとんど触れられていません。

VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)関連ではHTC Viveが既に、2015年12月にVive PreのFCC認証を得ています。Vive本体の安全性に加えて、HTC Viveを特徴づける「Lighthouse」システムも、発するレーザー光などが人体に悪影響の無いものと認められました。

VRHMDに関する製品は、一般発売に向けて着々と準備が進められています。

(関連記事)
HTC Vive、アメリカ国内での使用に向けFCC(米連邦通信委員会)の認証取得へ

(参考)
Oculus Rift Hits the FCC for Approval Leading up to March Launch – Road to VR(英語)
http://www.roadtovr.com/oculus-rift-hits-the-fcc-for-approval-leading-up-to-march-launch/

HTC Vive’s Laser-based Lighthouse Trackers Get FCC Approval for Safe Use – Road to VR(英語)
http://www.roadtovr.com/htc-vive-lighthouse-fcc-approval-base-station-tracker/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VRはMogura VRとのパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/