リコー、4K動画が撮れる新型360度カメラTHETA V発売開始

株式会社リコー、リコーイメージング株式会社は360度カメラ「THETA」シリーズの最上位機種「RICOH THETA V」を、本日9月15日に発売開始しました。また「RICOH THETA V」の発売に合わせてカメラファームウェアと編集アプリ『THETA+』、『THETA+ Video』もバージョンアップされました。

「RICOH THETA V」は大手量販店や大手通販の販売ページでも発売されています。また、リコーイメージング公式直販サイトでは税込56,700円(5,670ポイント付与)で販売中です。

ファームウェアのアップデートでは「RICOH THETA SC」の下記の機能が追加され、その他のTHETAシリーズ(「RICOH THETA V」を含む)では、バグの修正が行われた模様です。

・インターバル合成
・マルチブラケット撮影
・色温度指定

編集アプリの更新内容は下記の通り。

『THETA+』(iOS, Android)
・360度の静止画からアニメーションを書き出し可能
・ユーザーインタフェースの改善・変更

『THETA+ Video』(iOS, Android)
・RICOH THETA Vで撮影した4K動画の3D音声情報を、保持したまま書き出し

また「RICOH THETA V」の純正アクセサリーとなる「3Dマイクロフォン TA-1」、「水中ハウジングケース TW-1 」も、すでに販売中です。


   

   

   

関連するキーワード: RICOH THETA Vリコー

この記事を書いた人

  • VR修行中のライターです。VRの可能性の大きさにワクワクしています。「Mogura VR」では編集周りのお手伝いと360動画の狩人を担当しています。

    Twitter:@oo2gu

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ