リコー、スタンダードクラスの360度カメラ「RICOH THETA SC」発売

株式会社リコーは、スタンダードクラスの360度カメラ「RICOH THETA SC」を2016年10月28日に発売することを発表しました。 RICOH THETA SC 「RICOH THETA(リコー・シータ)」は、2013年にワンショットで360度撮影ができるカメラとして発売されました。2015年には、高画質を望むユーザー、およびビジネス用途での要求に応える形でシリーズ上位機種の「RICOH THETA S」も発売されました。

今回発売する「RICOH THETA SC」は、360度の全天球映像を誰も手軽に楽しめることをコンセプトとした、360度カメラのスタンダードモデルとして開発された製品となります。4色から選べるカラーバリエーションが存在するほか、「RICOH THETA S」と同等のCMOSイメージセンサーや大口径レンズはそのままに、本体の軽量化を実現しているとのこと。

撮影した360度画像は、スマートフォンやタブレットに転送して楽しめるほか、FacebookやYouTubeに直接動画として投稿することも可能です。なお、リコーは10月26日まで、RICOH THETAシリーズで撮影された静止画または動画のコンテストも開催しています。 詳細な製品スペックなどは下記のとおりです。

製品スペック

 

撮影距離

約10cm~∞(レンズ先端より)

撮影モード

静止画:オート、シャッター優先、ISO優先※5、マニュアル

動画:オート

露出制御モード

プログラムAE、シャッター速度優先AE、ISO感度優先AE、マニュアル露出

露出補正

静止画:マニュアル補正(-2.0~+2.0EV 1/3EVステップ)

ISO感度(標準出力感度)

静止画:ISO100~1600

動画:ISO100~1600

ホワイトバランスモード

静止画:オート、屋外、日陰、曇天、白熱灯1、白熱灯2、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯、電球色蛍光灯

動画:オート

シャッタースピード

静止画:(マニュアルモード以外)1/8000秒~1/8秒、(マニュアルモード)1/8000秒~60秒、

動画:(L)1/8000秒~1/30秒、(M)1/8000秒~1/15秒

記録媒体

内蔵メモリー:約8GB

記録可能枚数、時間

静止画:(L)約1600枚、(M)9000枚

動画(1回の記録時間):最大5分

動画(合計記録時間):(L)約63分、(M)約171分

電源

リチウムイオンバッテリー(内蔵)

電池寿命

約260枚

画像ファイル形式

静止画:JPEG(Exif Ver2.3) DCF2.0準拠

動画:MP4(映像:MPEG-4 AVC/H.264、音声:AAC)

外部インターフェース

Micro USB端子:USB2.0

リモートレリーズ

CA-3に対応

外形・寸法

45.2 mm(幅)× 130.6 mm(高さ)× 22.9 mm(17.9 mm)(奥行き)

質量

約102g

レンズ構成

6群7枚

レンズ_F値

F2.0

撮像素子_サイズ

1/2.3 CMOS

有効画素数

約1200万画素

出力画素数

約1400万画素相当

静止画解像度

L:5376×2688、M:2048×1024

動画解像度/フレームレート/ビットレート

L:1920×1080/30fps/16Mbps

M:1280×720/15fps/6Mbps

無線_通信プロトコル

HTTP (Open Spherical Camera API対応)

使用温度範囲

0℃~40℃

使用湿度範囲

90%以下

保存温度範囲

-20℃~60℃

同梱物

ソフトケース、USBケーブル

 

(参考) ワンショットで全天球イメージを撮影できる360°カメラ 「RICOH THETA SC」を新発売 4色のカラーバリエーションから選べる、360°映像を手軽に楽しめるスタンダードモデル http://jp.ricoh.com/release/2016/1013_1.html?_ga=1.173394720.2046784328.1476327618

■ Mogura VR 編集部が360度カメラで撮影したレポート記事の一覧は(ハロウィン渋谷、東京ゲームショウ、雪山など)こちらです

 

■ 機種ごとのスペックを比較した記事はこちらです!
360度カメラ性能比較。THETA S、Gear 360、360camなど5機種のスペックを比較

関連記事はこちら

この記事を書いた人