手軽な全天球360度カメラの新型「RICOH THETA S」の発売日は10月23日に決定!

10月下旬と報じられていたリコーの全天球カメラ「RICOH THETA S」の発売日が10月23日に決定しました。

S0910720

「Ricoh THETA S」は、リコーが販売している全天球カメラRICOH THETAシリーズの上位モデルとなります。大幅な性能工場により、低ノイズ、高画質をうたっています。従来モデルではぼけてしまうことも多かった場面でもくっきりと表示されるようになります。

まだフルHDサイズの動画撮影も可能となり30FPSと非常に高品質な録画ができる上に、ストリーミングにも対応しています。

専用アプリを使って、スマホとの連携も非常に簡単にできることで、より手軽に360度全天球撮影を楽しむことができるようになります。

現行モデルTHETA m15を使った撮影の例はこちら。

関連記事:360度カメラでどう撮る?東京ゲームショウでコンパニオンの皆さんに全天周で自撮り撮影をしてもらった

定価は税込42,800円、リコー公式ストアのほか、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等の家電量販店、Amazon等で予約を受け付けています。

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ