手軽な全天球360度カメラの新型「RICOH THETA S」の発売日は10月23日に決定!

10月下旬と報じられていたリコーの全天球カメラ「RICOH THETA S」の発売日が10月23日に決定しました。

S0910720

「Ricoh THETA S」は、リコーが販売している全天球カメラRICOH THETAシリーズの上位モデルとなります。大幅な性能工場により、低ノイズ、高画質をうたっています。従来モデルではぼけてしまうことも多かった場面でもくっきりと表示されるようになります。

まだフルHDサイズの動画撮影も可能となり30FPSと非常に高品質な録画ができる上に、ストリーミングにも対応しています。

専用アプリを使って、スマホとの連携も非常に簡単にできることで、より手軽に360度全天球撮影を楽しむことができるようになります。

現行モデルTHETA m15を使った撮影の例はこちら。

関連記事:360度カメラでどう撮る?東京ゲームショウでコンパニオンの皆さんに全天周で自撮り撮影をしてもらった

定価は税込42,800円、リコー公式ストアのほか、ヨドバシカメラ、ビックカメラ等の家電量販店、Amazon等で予約を受け付けています。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    株式会社Mogura代表取締役社長。慶應義塾大卒。元ネトゲ廃人。中央省庁勤務後、ベンチャー企業を経て「Mogura VR」編集長。VRジャーナリスト。国内外を駆け回って情報収集中。VRのことならいくらでも語れます。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/