360度カメラ「RICOH THETA」iOS版編集アプリが4Kタイムラプス動画に対応

6月13日、株式会社リコーは同社が開発・販売を行う360度カメラ「RICOH THETA」のiOSアプリがバージョンアップしたことを発表しました。

「RICOH THETA(リコー・シータ)」は、2013年にワンショットで360度撮影ができるカメラとして発売されました。2015年には、高画質を望むユーザー、およびビジネス用途での要求に応える形でシリーズ上位機種の「RICOH THETA S」も発売されました。そして2016年10月には、360度映像を手軽に楽しめることをコンセプトとしたスタンダードモデル「RICOH THETA SC」が発売されています。

今回発表されたiOSのバージョンアップは、編集アプリ「THETA+for iPhone」においてiPhone6s以降の4Kのタイムラプス動画の書き出しが可能になりました。また、「THETA+ Video for iPhone 」では、THETA+で作成した4Kのタイムラプス動画を編集できるようになったとのことです。

なお先月5月には、同社の社員が七大陸最高峰の一つであるエベレスト山の頂上にのぼり、そこで360度カメラ「RICOH THETA S」で撮影した360度写真が話題となりました。

(参考)
https://theta360.com/ja/

この記事を書いた人

  • ゲーム紹介メディア「もぐらゲームス」でライターをしています。Mogura VRではライティングなどを担当しつつ、VRの魅力を伝えられればと思います。

    Twitter:@MD5ch_com

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ