『Rez Infinite』モバイルVRへ Daydream版配信開始

11月21日、エンハンス・ゲームズはVRシューティングゲーム『Rez Infinite』のモバイルVRプラットフォーム・Daydream版をリリースしました。本作のダウンロードおよび体験版(Area1の一部+Area4のボス)部分が無料、全てのコンテンツをアンロックするためにはゲーム内での追加購入(999円)が必要となっています。

『Rez Infinite』は、プレイヤーのアクションに音と映像・振動がシンクロする「共感覚」を体感できるシューティングゲーム。世界の様々なメディアから高い評価を受けています。ゲーム中でプレイヤーが訪れるステージ「Area X」はVRを前提として作られており、高クオリティかつ”VRならでは”の体験ができます(Daydream版の「Area X」は購入によるアンロックが必要)。

本作は2016年10月の発売以来、PlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)やOculus Rift、HTC Viveなどのハイエンド向けVRに対応してきましたが、モバイル向けへのリリースは今回が初となります。

「Daydream」はグーグルが提供する、ハイクオリティなモバイルVRを実現するプラットフォームです。一部のAndroidスマートフォンで高品質なVR体験が可能です。国内でDaydream対応のVRヘッドセットはまだ発売されていませんが、年内にはDaydream対応のVRヘッドセット「Daydream View」が販売を開始する予定です。『Rez Infinite』は日本語版のGoogle Playからダウンロードが可能となっていますが、Daydream Viewの発売時期を鑑みると、プレイできるのはもう少し先となります。

Mogura VR編集部ではDaydream View(2016年モデル)にてデモ版をプレイしてみたところ、問題なく『Rez Infinite』を楽しむことができました。ハイエンド向けの『Rez Infinite』と比較すると、やはり画質などの面では一歩劣るところがあるものの、スマートフォンで気軽に『Rez Infintie』がプレイできるようになったのは喜ばしいことだと言えそうです。

(参考)
・Rez Infinite(Google Play)

関連するキーワード: DaydreamRez Infinite

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!