【スマホVR】歩いてキャラクターに近づけるスマホ向けVRアプリ『PaShaLoVR』

PaShaLoVRは株式会社シーエスレポーターズより2015年4月からリリースされているiOS、Android向けのスマホVRアプリです。

PaShaLoVR

本アプリはスマートフォン向けVRアプリとしては初のアニメキャラクターの3DCGモデルをフル活用したものとなっておりアニメキャラクターが歌うライブで写真撮影ができる「Photoモード」、アニメキャラクターにタッチできる「Touchモード」の2つのモードが用意されています。

現時点では「パンチライン」、「ミリオンドール」、「緋弾のアリアAA」、「ユニティちゃん」の4作品が収録されており今回はその中から無料で楽しめる「ユニティちゃん」の「Photoモード」についてレビューしていきます。

プレイ前にスタート画面右下の歯車マークのオプションより一眼(ハコスコ一眼タイプやスマートフォン単体で体験可能)と二眼(Cardboardやハコスコ二眼などで体験可能)を選択出来ます。

PaShaLoVR

コンテンツ選択画面ではキャラクターの衣装チェンジができ、ユニティちゃんの場合は通常衣装の「STANDARD」ほかgearVR向けの『Unity-chan! Candy Rock Star Live Stage!』で使用されている「CANDY」衣装、さらには「HALLOWEEN」ハロウィン衣装も用意されています。

PaShaLoVR通常衣装「STANDARD」

PaShaLoVR「CANDY」衣装

このアプリの特徴は、シーエスレポーターズが日本で初めて実現したスマホVRで体験しているVR空間の歩行移動(加速度)。Oculus RiftなどのハイエンドなVRヘッドマウントディスプレイでは、外部にカメラや装置を置き、体験者の位置をトラッキングすることで歩行が可能だったり、コントローラーによる歩行が通常です。ただVRの中を覗くといった要素の強いスマホVRデバイスでは歩くことは難しかったです。このPaShaLoVRではその課題を克服。現実空間で足踏みした際に発生する振動を利用しVR空間を歩くことができます。

PaShaLoVR始まった直後はこのように少し遠くに居ますがその場で足踏みをすることにより・・・

PaShaLoVR目の前まで近づくことが出来ます!

PaShaLoVR自由に動けるので裏側から見ることもできます。

「Photoモード」では、スタートした後VRゴーグルの右側を軽くタッチすることで撮影することができ、撮った画像はアルバムに(Androidならギャラリー)保存していつでも楽しめます。

収録されている曲やステージなどはGearVR向けに配信されている『Unity-chan! Candy Rock Star Live Stage!』と同じもの。最大の違いとしてやはりVR空間内を自由に歩けることが上げられます。

GearVR版は特定のポインタのテレポート移動に限られましたがこちらは完全に自由に歩けることでより様々な角度、方向からユニティちゃんを見ることが出来ます。また操作は基本的にその場で足踏みする、もしくは目線操作だけなので複雑な操作いらず。VR初心者にもオススメの物となっています。

シーエスレポーターズからはアニメ「パンチライン」を題材とし、作品に登場する個性的で魅力的な女の子達が住むアパート古来館を完全再現したマップを歩きまわる『パンチライン覗き見VRミュージアム』(有料)が2016年4月リリース予定となっており今後のコンテンツ展開に注目したいところです。

<ソフトウェア情報>
「PaShaLoVR」
【メーカー】 株式会社シーエスレポーターズ
【対応OS】 iOS7.0以降/Android4.3以降
【価格】 一部有料
【操作】 目線、足踏み
【リリース日】 2015年4月15日
【入手方法】 App Store/Google Playよりダウンロード

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】★★★★★ (VR空間内を歩けるのが楽しい、操作も簡単で初心者向け)
【快適さ】 ★★★★☆
【操作性】 ★★★★★

この記事を書いた人

  • doron

    専門2年です。ニコ動/VOCALOID/ニコつくWeb担当他/自作PC/ハコスコ/CardBoard/Unity勉強中/デジギア全般/gearVRを持ち歩いてVRを広める活動をしてます。

    Twitter:@doron0328

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/