『キャンディークラッシュ』開発者設立のスタジオがGoogleから600万ドルの資金調達。万人向けVRゲームの提供へ

スウェーデンのResolution GamesはGoogleのベンチャーキャピタルから600万ドル(約7億円)の資金調達をうけることを発表しました。その目的は、万人向けの身近なVRゲームの開発と明らかにしています。

resolution-games-vrfishing

Resolution Gamesは世界的に人気を博したゲーム「キャンディクラッシュサーガ」シリーズの制作に携わったクリエイターらが設立したVRコンテンツ制作を目指すスタジオです。今回の資金調達は、起業したばかりのスタートアップに出資する「シリーズA」と呼ばれるもので、Google傘下のベンチャーキャピタルより行われました。

今回の資金調達を経て、Resolution Gamesが狙うのは、万人が遊べるほどの身近なVRゲームの開発です。ニッチなVRコンテンツの市場に、一気にメインストリーム層を引き込むようなゲームを開発していくとしています。

Resolution Gamesを立ち上げたのはキング社でキャンディクラッシュサーガシリーズの開発に関わり、ゲームの伝道師として知られるTommy Palm氏。彼はその理由を、アメリカのVRメディアRoad to VRに対し、「VRにはまだまだたくさんの空白のページがあり、やれることは色々ある」と語っています。

Resolution Gamesは既にGear VR向けに1作目のVRゲーム「Solitaire Jester」をサムスンのGear VR向けに公開しています。このゲームはVR空間でソリティアを遊ぶというだけのシンプルなゲームです。ソリティアという比較的馴染みのあるゲームを題材にすることで、家族などにも薦めやすくしているとのこと。Palm氏は、「VRはゲームにおける次のプラットフォームだと思っています。そして、身近に感じられるような素晴らしいゲームがあれば、絶対に誰もが遊ぶようになりえるでしょう」

solitaire-jester-chilling

VRコンテンツ開発への投資はこれまでMogura VRでも報じてきました。Palm氏の所属していたキング社は、カジュアルゲームというジャンルで、もともとゲーマーではない人たちをスマホのゲームへと魅了してきました。このベテランクリエイターへの今回の出資には、GoogleのVRへの期待が伺えます。今回の出資を受けて人員を倍に増やし、次回作は「フィッシング」をテーマにしたVRでゲームを作っているとのこと。果たして彼らがキャンディクラッシュサーガのようなカジュアルなVRゲームを作ることができるのか、注目したいところです。

(参考)
Road to VR / Candy Crush Creator’s ‘Resolution Games’ Studio Get $6M Google Money to Build Accessible VR Games
http://www.roadtovr.com/candy-crush-creators-resolution-games-studio-get-6m-google-money-to-build-accessible-vr-games/

※アメリカのVR専門メディアRoad to VRはMogura VRのパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/