360度パノラマアートのコンテスト「Render the Metaverse」の受賞作品がハイクオリティ

VRコンテンツ制作ツールを提供しているOTOY社がOculus VR社の協力を得て実施している360パノラマアートのコンテスト「Render the Metaverse」の5月分の受賞作品が発表されました。

この「Render the Metaverse」は、OTOY社が提供しているレンダリング用ソフト「Octane VR」を使用して制作された作品が対象となり、7月までの3ヶ月間、毎月応募を受け付けています。審査にはOculus VR社の最高技術責任者ジョン・カーマックも参加しています。

OTOY社、Oculus VR社と協力の元、VRアートのコンテスト「Render the Metaverse」開催

今回発表されたのは、5月にエントリーをした作品から選ばれた3作品。いずれも非常にクオリティが高く、奥行きのある表現に思わずその中にいるかのように錯覚してしまうほどです。

なお、本コンテストに応募された全作品は、公式サイトよりダウンロード可能です。ダウンロード後、Gear VRにてOTOY社が提供する「ORBX Media Player」を使ってVRで閲覧することができます。Gear VRを持っている人は、端末の該当フォルダへダウンロードした画像を入れて、アプリを起動してみてください。

また、Gear VRを持っていない場合は、ブラウザ上にてマウスでドラッグすることで視界を移動させながら閲覧することも可能です。

各受賞作品のリンクをブラウザで開くとこのようなViewerが表示されます。ブラウザで閲覧する場合は左上の「Interactive Preview」を、ダウンロードしてGear VRで体験する場合は左下の「Download Image」を選択してください。

イメージ365

受賞作品は以下の3作品です。

1.「Deck 75」 by Christian Wirdemann

Deck75

ブラウザでの閲覧・ファイルのダウンロードはこちら

2. 「Exploring the Metaverse」 by Benoit Vincent

ExploringTheMetaverse

ブラウザでの閲覧・ファイルのダウンロードはこちら

3.「Mashup Between the Clouds」 by Moritz Reichartz

MashupBetweenTheClouds

ブラウザでの閲覧・ファイルのダウンロードはこちら

受賞作品は毎月発表されるので、来月以降の発表も楽しみですね。


(参考)
OTOY announces “Render the Metaverse” Month 1 contest winners – OTOY公式(英語)
http://home.otoy.com/render-the-metaverse-month-1-winners/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ

現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ