360°パノラマアートのコンテスト「Render the Metaverse」大賞作品

Oculus VR社と、VR制作ツールを提供しているOTOY社が、共同で実施した360°パノラマアートのコンテスト「Render the Metaverse」の最終的な大賞作品が発表されています。

このコンテストは、5月から7月にかけて3ヶ月間開催されました。

第1ラウンド(5月)の受賞作品はこちら

第2ラウンド(6月)の受賞作品はこちら

このコンテストでは、Oculus VR 社のCTO、John Carmack氏、アメコミ作家でアーティストのAlex Ross氏、そしてOTOY社のCEOであるJules Urbach氏が審査員をしています。今回は3ヶ月にわたり応募された全作品から選ばれた大賞作品3つを紹介します。全て3DCGで、OTOY社が提供するツールOctaneVRを使ってレンダリングされており、奥行きに深みがあり、立体感のある画像に仕上がっています。

※タイトルをクリックすると、下のようなViewerが表示されます。自身のブラウザで閲覧する場合は、左上「Interactive Preview」をクリックしてください。GearVRを持っている場合、左下「Download Image」から画像をダウンロードし、該当フォルダに入れてください。

1.Imagined Reality
imagines-reality-small

2.Education Channel
education-channel-small

3.Fushimi Inari Forest
fushimi-inari-forest-small

(参考)
Oculus VR / Render the Metaverse Final Winners
https://www.oculus.com/en-us/blog/render-the-metaverse-final-winners/

この記事を書いた人

  • 慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ