レッドブル・エアレースを疑似体験できる360度動画がYoutubeに登場

レッドブル・エアレース」は、レッドブルが主催している飛行機で高さ25mのパイロン(エアゲート)で構成されたコースを決められた順序と飛行方法に沿って次々と通過してタイムを競うエアレース。世界トップクラスの飛行技術を持つパイロットが行うレースということもあって見ている側も圧倒される迫力満点の3次元レースです。

レッドブルは、パイロットの席でこのレースを体験できる360度映像をYoutubeで公開しました。全てCGで再現されたものですが、登場する飛行機と飛ぶ軌道は世界チャンピオンのPaul Bonhomme氏が2015年のレースで実際に飛行したときの様子を再現したものになります。

https://www.youtube.com/watch?v=KR1P-BhwfsA

VRで体験するコンテンツでは、ジェットコースターが没入感が高く、実際に感じていない重力を感じるためよく使われます。普段乗ることのない、フライトの体験も重力を感じ、目が回りそうになるという意味ではVRの没入感を活かしたものと言えますね。

なお、レッドブル・エアレースではありませんが、実写のフライトを360度で撮影したものもYoutubeにはアップロードされています。スイス空軍が撮影した最大4K画質の映像がこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=NdZ02-Qenso

動き自体は速いものではありませんが、高度が非常に高い雲の上を飛んでおり、コクピットでパイロットの息遣いも聞こえてきて、臨場感満点の体験になっています。

Youtubeの360度動画は、ブラウザ、スマートフォンのYoutubeアプリ、ハコスコ、2眼のスマホ用VRデバイスで楽しむことができます。

▼ハコスコやGoogle CardboardなどのスマホでVRを体験できるソフトの紹介はこちら

この記事を書いた人

  • KFtb1VIM

    慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現Mogura VR編集長、株式会社Mogura代表取締役社長。
    現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。現在ももちろんコンテンツを体験し続けており、VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。2016年は6回渡米。

    Twitter:@tyranusii

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/