個々人に最適化されたVR体験 VRでのレコメンドサービスが開発中

イスラエルのStrigy社はVRでのレコメンドサービスを開発中であることを発表しました。同社は2016年、CEOのRoi Oron氏とCTO のGuy Zisman氏によってテルアビブで設立されました。

Strigy社の打ち出すメッセージは「VRをより良くする」というもの。彼らによると、Strigy社の役割は、ユーザーが提供する情報を分析し、データベースにおけるユーザーのもっとも関心のある分野を探し出すことで、一人一人のユーザーに個性的なレコメンドをすることです。

このほか、複数の人が同時にVRに入るソーシャルVRにおいて、脳部運動や興味関心の差を元に、各人でそれぞれ違うものを体験することも可能です。Strigy社は資金調達の準備を行いつつ開発を進めており、来年はより市場に適合する製品を出す予定とのことです。

創始者の二人

(参考)

这家以色列创业公司想让 VR 体验变得更个性化

http://news.87870.com/xinwennr-16688.html

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • image02

    日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/