実写のVRの中を歩くことのできる『Realities』HTC Viveのローンチに合わせ無料配信開始

3DCGで構築した現実空間をVRで歩くことのできる『Realities』が、SteamVR/HTC Vive向けに、4月5日に無料で配信を開始することが発表されました。まるでテレポーテーションのような感覚を体験することができます。

ローンチトレーラー

https://www.youtube.com/watch?v=-mmNLfK5iDk

関連: 【体験レポ】実写のVRの中を歩くことが可能に。『Realities.io』がGDC2016でデモを展示

『Realities.io』は、VR内に現実の光景を再構築し、HTC Viveのルームスケール機能を利用して歩き回ることで、まるで別の場所にワープしたかのような感覚を体験できるというもの。通常の360度画像やビデオと異なり、一つの視野で眺めるのでなく実際に移動して様々なビューを楽しむことができます。

また、写真同士の視差が最大となるように1シーンあたり数百枚の写真を撮影し、地点同士の距離を計算して奥行きを出すという「Photogrammetry(フォトグラメトリー)」という技術を用いてジオメトリ処理を施しており、解像度と没入感が非常に高いです。

アプリではコントローラを用いて地球儀を地球のように回し、行きたい場所を選択します。

Realities

VR内ではコントローラから出るレーザーで移動先を決め、自由な位置に移動ができます。

Realities

Realities

このアプリは5つほどの異なったロケーションから始まります。『Realities』の開発チームはVR内の“地球儀”を、世界中の様々な興味深い場所で満たしたいと語っています。体験できるロケーションも今後どんどん増えていくと思われます。

ダウンロード自体も無料なので、HTC Viveを購入された方は是非一度、体験してみてはいかがでしょうか。

(関連記事)
【体験レポ】実写のVRの中を歩くことが可能に。『Realities.io』がGDC2016でデモを展示

(参考)
Step into Distant Lands With ‘Realities’, Launching Free on HTC Vive April 5th(英語)
http://www.roadtovr.com/realities-launch-trailer-htc-vive-steamvr-april-5-free/

HTC Vive(Steam VR)についての最新情報はこちら

HTC Vive(Steam VR)のソフト紹介はこちら

この記事を書いた人

  • fukafuka_san

    VRやARなどのロマン溢れる最先端技術に興味のある理工系大学院生です。趣味でホームページや動画の制作も行っており、現在は「Mogura VR」さんにてVR関連の記事を執筆しております。

    Twitter:@FukaFuka295

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/