いくつ分かる?映画『レディ・プレイヤー・ワン』予告編に登場する懐かしの作品たち

アメリカ・サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルで、スティーヴン・スピルバーグ氏が監督する映画『レディ・プレイヤー・ワン』のトレイラーが公開されました。同作はアーネスト・クライン氏の小説『ゲームウォーズ』を原作としたSF映画です。本作のテーマはVRで、仮想空間「オアシス」を舞台にしています。

レディ・プレイヤー・ワンのストーリーは、オアシスの開発者が「イースター・エッグを探し当てたものに遺産を譲る」という遺言を残して亡くなったことで動き出します。イースター・エッグを求める戦いに、主人公ウェイドも巻き込まれていくことになります。

懐かしの映画やアニメ、漫画のオマージュが多数登場するのもこの作品の魅力の1つ。トレイラーの冒頭でウェイドは「大好きなヒーローがいるから1980年代に生まれたかった」と語っていました。トレイラーだけでも多くのキャラクターやアイテムがカメオ出演しています。

本記事では、トレイラーで確認できたキャラクターやアイテムの登場シーンを紹介します。

カメオ出演シーン一覧


(動画再生時間)0:33
最初はウェイドがヘッドセットをつけてVR空間オアシスに入るシーンから。DCコミックスのヴィラン(悪役)「ハーレイ・クイーン」と「デスストローク(スレイド・ウィルソン)」がウェイドとすれ違うのを確認できます。

『レディ・プレイヤー・ワン』の製作はワーナー・ブラザースが担当しているので、DCコミックスのキャラクターが登場しても不思議ではありません。また『ロード・オブ・ザ・リング』の「ガンダルフ」が他のキャラクターに交じって宙に浮いている姿と、「コナン・ザ・グレート」が人込みに紛れている姿も確認できます。


(動画再生時間)0:45
少年とロボットの友情を描いた長編アニメ『アイアン・ジャイアント』のロボット「アイアン・ジャイアント」が登場します。


(動画再生時間)0:52
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の車型タイムマシン「デロリアン」です。


(動画再生時間)0:57
ビデオゲーム会社「アタリ」のレトロゲーム「Joust」をモチーフにした戦いが確認できます。ダチョウに乗った主人公がハゲタカに乗った敵と戦いを繰り広げるゲームですが、トレイラーではサソリに乗った騎士がいるようです。敵を踏み潰すと卵になるというゲームの設定も再現されています。


(動画再生時間)1:00
ホラー映画『エルム街の悪夢』の殺人鬼「フレディ・クルーガー」が襲いかかります。さらに奥にはシューティングゲーム『デューク ニュッケム』の主人公「デューク ニュッケム」がロケットランチャーを発射する様子も確認できます。


(動画再生時間)1:11
右上に1980年代のテレビドラマ『特攻野郎Aチーム』のバンを確認。その近くにスティーヴン・キング氏の原作小説を映画化した『クリスティーン』に出てくる赤が印象的なプリムス・フューリーが停まっています。


(動画再生時間)1:20
動画再生時間が1分20秒になると、先ほど紹介したプリムス・フューリーの横でビデオゲーム『トゥームレイダーシリーズ』の「ララ・クロフト」、そして同じくビデオゲーム『Gears of War』の「Dizzy Wallin」が会話を楽しんでいる様子が写し出されます。


(動画再生時間)1:35
国内外で人気を誇る長編アニメ『AKIRA』の金田のバイクが登場します。トレイラーの中で金田のバイクは複数回登場するので注目です。


(動画再生時間)1:38
アメリカで人気のあるクラッシュカーレースに使用される自動車「モンスタートラック」が確認できます。


(動画再生時間)1:48
『マッドマックス』に登場する主人公の愛車「V8インターセプター」が出演。金田のバイクも同時に登場して夢の共演となりました。

https://www.youtube.com/watch?v=LiK2fhOY0nE

トレイラーだけでこれだけのキャラクターとアイテムが登場していることを考えると、映画本編にとても期待が高まります。上述の動画から映画のトレイラーが確認できるので、紹介したシーンを確認してみてください。

レディ・プレイヤー・ワンはアメリカで2018年3月30日に公開予定です。

(参考)
VR Focus / All The Pop Culture References In The ‘Ready Player One’ Trailer -(英語)
https://vrscout.com/news/pop-culture-references-ready-player-one-trailer/

Mogura VRはVR Focusのパートナーメディアです。

関連するキーワード: コミコン・インターナショナルスティーヴン・スピルバーグレディ・プレイヤー・ワン

この記事を書いた人

  • IT・テック系を中心にライター兼翻訳者として活動。ゲーム翻訳にも携わっています。エンタメや医療などさまざまな分野で存在感を増すVR・ARに興味津々です。特に身近なモバイルVRのこれからに注目しています。

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ