中国にてVR産業フォーラム開催、VR/ARの発展を語る

2016年11月29日に洛陽で行われたVR産業フォーラムで、DELL、Deepoon VR、87870、ARinChina、Autodesk、FoundryChinaなどVR業界関係者が集まり、VR/ARの発展について話し合いました。

87870 CEO アンドリュー・D・キム

中国のVRメディア87870のCEOアンドリュー氏はスピーチでこのように述べました。「2015年中国国内における51社が資金を調達。また2016年第1、第2四半期の間に38社が資金を調達しました。2015年におけるVR産業の市場規模の154億元(約2,500億円)と比べて、2016年は566億元(約9,400億円)に達し、260%の増加となりました。現在のVR産業はまだ発展途上ですが、市場規模は拡大していく動きが見られます」

ARinChina CEO张明军

また、VRとARの関係も話題となりました。ARinChinaのCEO张明军氏は、2019年VR/AR製品の出荷量はスマートフォンを超えるとの予測が存在することを強調。

そして、ARのポイントはビッグデータと組み合わせた活用がしやすい点に言及しました。そのため、中国のインターネット関連企業はARに関心を持っています。しかし、ARの市場規模はVRに超えるという観点に対して张明军氏は反対の意見です。VRもエンタテインメント領域に加え、BtoB領域を模索している背景があるためです。

VRデバイスの使用感に関しても様々な話題があがりました。より良い体験を提供するために、ワイヤレスの実現が不可欠です。また、デバイスのスペックの向上も求められています。視覚面においては、目の形にふさわしい曲面OLEDスクリーンで視野角を140度~150度まで引き上げることで、心地よく使用できます。

また、OLEDスクリーンが透明になれば、VRとARとの限界が消え去り、現実世界が感じられるほか、データや情報をスクリーンに映すこともできるとし、今後の展望が語られました。

(参考)

87870 CEO Andrew:透明OLED屏幕将消除VR与AR界限

http://news.87870.com/xinwennr-16759.html

※Mogura VR は、87870.comとパートナーシップを結んでいます。

この記事を書いた人

  • 日本語学科在籍の中国人です。機械と技術にロマンを感じながら、世界を変える可能性が潜んでいると信じています。来年の日本留学に期待し、日々ワクワクしています

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ