【Gear VR】気になるキャラの視点で物語を楽しむVRアニメ『Raising A Rukus』

恐竜の化石が生きる地下世界を、双子の兄弟と一匹の犬が冒険する。今回紹介するのは、大迫力の360度アニメ『Raising A Rukus』です。日本語非対応ながら、表情や動き、声の調子などで雰囲気がわかるので、十分に楽しむことができます。

不思議な地下世界の冒険物語


落ち葉と雪が積もった冬のある日、双子の兄弟、AmyとJonasに誕生日が訪れました。家の庭から聞こえるのは、犬の鳴き声。両親からプレゼントされたのは、犬のRukusだったのです。


喜んで庭に出た2人。しかしここでどちらがRukusの世話をするか、ケンカが始まってしまいます。Amyは活発でアウトドア派、Jonasは勤勉でインドア派な性格。そりが合わないこともあるようです。


2人が口論していると、突然枯れ葉が舞い上がり、2人とRukusは不思議な地下世界へ!そこには巨大な恐竜の化石が……。


しかも、この化石……動き出しました!恐竜の化石に追われることになった2人と1匹。無事に家へ帰ることができるのでしょうか?

プレイヤーの視線によって変化する視点


このアニメは、動画中に「視点の分岐」があります。「物語の分岐」ではありません。どういうことかというと、物語中に主人公の2人が少しの間、離れ離れになるシーンがあるのです。そのシーンで、どちら側に視点が移るかの分岐です。


この分岐は、アニメ中に選択肢が出現するわけではありません。その分岐が発生するタイミングまで、「2人のうちのどちらをより長く見ていたか」で決まります。


それまでJonasよりAmyを見ていればAmyの視点、AmyよりJonasを見ていればJonasの視点になります。

生き生きとしたキャラクターたちと、迫力のあるアクション


このアプリは日本語非対応。言語は英語です。英語が苦手な人はちょっと……と思うかもしれません。しかし、キャラクターの言っている内容がわからなくても、表情や動き、声の調子でストーリーが伝わってきます。


犬小屋の前で言い争いをしているときは、激しい口調で、大胆な動き。恐竜の化石が動き出すのを見たときは、怯えた声で後ずさり。具体的な言葉はわからなくても、感情がハッキリ伝わってきます。


そしてこの、グラフィックとアニメーション。ダイナミックなアクションも多く、キャラクターたちが生き生きと描かれています。見ているだけで爽快感や緊張感が伝わってくるのです。

さらに、VRならではの楽しさも。360度どこもかしこも作り込まれているので、周囲を見回したくなると同時に、視線誘導も考えて作られています。最初に見るときはキャラクターたちに注目。次に見るなら「このとき、こっちのほうでは何が起きていたんだろう?」と気になるところを見ることができ、何回も楽しむことのできるVRアニメです。

筆者は英語の特に聞き取りが苦手で、実はこのアニメの台詞をほとんど理解していません。しかし、それでもこのアニメは何度も楽しむことができました。内容がわからずとも、雰囲気でわかるほどわかりやすい2人の掛け合い、見たこともない美しい世界での冒険。

やや気になるのは、アプリを楽しむのに必要な容量が大きく、合計で2.6GB必要なことです。視聴するにはなんとか確保しましょう。

<ソフトウェア情報>

タイトル

Raising A Rukus

メーカー

The Virtual Reality Company

開発者

thevrcompany

ジャンル

アクション、アドベンチャー、教育、映画、物語

価格

390円

言語

英語、英語(米国)

コントローラー

Gear VRコントローラー、タッチパッド

評価(最大5)

4.0(46件)

対応ハードウェア

Gear VR

入手方法

Oculus Storeよりダウンロード

リリース日

2017年5月25日

ダウンロード

https://www.oculus.com/experiences/gear-vr/1100532370053538/

公式サイト

http://www.thevrcompany.com/raising-a-rukus

<Mogura VR的評価>
【オススメ度】★★★★★
【快適さ】★★★★☆(日本語非対応)
【操作性】★★★★★

この記事を書いた人

  • 東京工科大学メディア学部所属。ゲームを作りつつ、ゲームとシナリオ・世界観、演出辺りの研究のようなものをしています。VRで新しいゲームシステムやシナリオの表現方法が、どんどん開発されていったらいいなと思っています。

    Mogura VRのライター一覧はこちらhttp://www.moguravr.com/writers/

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!