PSVRを保管・設置できるスタンドを3種比較 おすすめは?

PlayStation 4(PS4)と接続し、VRでゲームや動画を楽しめるPlayStation VR(プレイステーションVR・PSVR)。PSVRを使用した後、使うたびに入っていた箱へ戻すのは少し手間がかかります。PS4やPSVRをまとめて収納・設置するための専用スタンドは複数発売されており、スタンドを使用すれば収納場所に悩むこともなくなります。

今回はPS4やPSVRを収納・設置するために適したスタンドを比較・紹介します。

目次

1.PSVRの収納にスタンドを使う
2.スタンド3種を比較
2-1.安定感のあるVRヘッドセット専用スタンド
2-2.PS4も含めて一気に置ける縦置きスタンド2種
3.自分の部屋や用途に適したスタンドを使おう

PSVRの収納にスタンドを使う

PSVRをプレイするたび、購入時の箱にいちいち戻すのは手間がかかります。かといって床や机の上に置くとスペースを取ってしまいがちですし、床に置くのも踏んでしまう可能性を考えると危険です。

そこで、PSVRを設置するためのスタンドを使用します。様々なメーカーからスタンドが発売されていますが、今回は3種類から比較してみることにしましょう。

スタンド3種を比較

今回はSparkFoxの「Universal VR Holder and Cable Organisor」、KjHの「MULTIFUNCTION STAND」の2016年版、同製品の2017年版を使用します。SparkFoxのものはVRヘッドセット専用スタンド。KjHのものはPS4やPlayStation Moveコントローラー(PS Move)、その他通常のコントローラーなども収納できる縦置きスタンドとなっています。

また、PSVRには新型(2017年モデル)と旧型(2016年モデル)があるのですが、サイズはさほど変わりません。それゆえ、今回取り上げるスタンドはどちらのモデルでも設置することができるようになっています。

安定感のある「Universal VR Holder and Cable Organisor」

まずはSparkFoxのVRヘッドセット専用スタンド「Universal VR Holder and Cable Organisor」にPSVRを置いてみましょう。前方のキツネ型のマークがついた部分にヘッドセットの前方を置くことになります。

安定感はなかなかで、少し揺らした程度ではずり落ちるようなこともありません。専有面積はそれなりに取りますが、安全にVRヘッドセットを置くことができそうです

ヘッドセットを支える部分の真下には、ケーブルフックや巻いて収納するためのスペースが。VR機器は使用していない間ケーブルがかさばりがちなので、こういった配慮があるのは嬉しいポイントです。

また、PSVRに限らず、HTC ViveやOculus RiftなどのVRヘッドセット、マイクロソフトのMRヘッドセット群を置くこともできます。Oculus Riftではマジックテープ部分の調整がやや煩わしく感じられるものの、HMDであればほぼ全て置けるのは専用スタンドならではのメリットです。

PS4も含めて一気に置ける「MULTIFUNCTION STAND」

続けてKjHの「MULTIFUNCTION STAND」。こちらはPS4を縦置きし、その上に付属のスタンドを固定してPSVRを載せるタイプです。まずは2016年版からチェックしてみましょう。

実際にPSVRを載せるスタンドは小さく、元々PS4用に作られたスタンドに後からアタッチメントとして追加したような印象を受けます。ヘッドバンド部分をPS4に載せることになるため、安定せず、揺れにかなり弱い印象を受けました

(PS4に固定し、スタンドとして使うパーツ。バネで固定するタイプだが面積が小さく不安定)

筆者の私見としては、床の面積を節約したいという場合を除いてあまりオススメできません。一方でPS4やPS Move、通常のコントローラーなどをまとめて充電でき、かつPS4の下には冷却用のファンまで取り付けられています。至れり尽くせりといったところですので、PSVRを使用せず、PS4を設置しておくだけであれば十分でしょう。

さて、今度は同社のスタンドの2017年モデルを試してみます。こちらは先ほどとは異なり、PSVRやヘッドフォンを掛けるためのスタンドがきちんと準備されています。土台になっている部分に差し込んで固定し、その上にPSVRを載せます。

しかし、残念ながらスタンド部分が細く不安定なことには変わりありませんでした。様々な機器を一度にまとめておけること、コントローラーやPS Moveの充電が可能なことは魅力的なのですが、肝心のPSVR自体の安定性が損なわれているようでは本末転倒です。PSVRを収納・設置できる縦置き型のスタンドを購入する場合は、よほど土台部分が安定しているものでない限りオススメできなさそうです

自分の部屋や用途に応じたスタンドを使おう

今回の比較では、VRヘッドセット専用スタンド「Universal VR Holder and Cable Organisor」が最も安定している、という結論になりました。

KjHのスタンド2種は「PS4の取るスペースを縦置きで節約しつつ、他の機器もまとめて置ける」というコンセプトで作られているのに対し、専用スタンドは文字通り「VRヘッドセットを置くためのスタンド」なので仕方ないところもありますが、やはりPSVRは安全に置いておきたいもの。収納ケースやスタンドなど、PSVRを置いておく周辺機器は安全性の高いものを選んだ方がよさそうです。

Mogura VRの新サービス!
VR体験施設の検索サイト「Taiken.tv」
VR体験施設の検索サイト「taiken.tv」
公式Twitterはこちら!

関連するキーワード: PlayStation VR

この記事を書いた人

  • あちらとこちらを往復する。某ゲーム系の制作会社でプランナー・進行管理・その他もろもろを経てMoguraに合流。現在は記事執筆や編集、取材などを担当。デジタルゲームやVR/AR/MRにおける物語体験や、フィクション/プレゼンスのありかたに興味。ゲーミングコミュニティ「ポ」の管理者のひとり、という側面も。 Twitter:@mizuharayuki

  • Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!