迷ったらこれ!ストアで高評価のPSVR専用ソフト10選

2016年10月13日、PlayStation 4に接続してVR体験ができるデバイス「PlayStation VR(PSVR)」が発売されました。それからおよそ10ヶ月ほどが経ち、多数のVR専用・対応タイトルがリリースされています。

PS Storeで検索をかけてみると、その数100本以上。結構な本数のソフトが出ており、「限られた時間の中でどれを体験したらいいか悩ましい/分からない……」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はPSVR”専用”ソフトで、PS Storeにて高評価&多数の評価がついているものを紹介します。「せっかくのVRなのだから、VR”対応”ではなく”専用”の方が気になる!」そんな方は、短めのデモコンテンツからばっちり遊べるものまでありますので、ダウンロードや購入の参考にどうぞ!

目次

サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム
アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション
サイバーダンガンロンパVR 学級裁判
THE PLAYROOM VR
KITCHEN
Until Dawn: Rush of Blood
初音ミク VRフューチャーライブ
バットマン:アーカム VR
PlayStation VR WORLDS
Joshua Bell VR Experience
PS VR”対応”の高評価タイトルは?

サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数1248件】

『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム』。プレイヤーはちょっと勉強の苦手な女の子「宮本ひかり」の家庭教師となり、彼女と7日間を一緒に過ごすゲーム。事前発表の時点で様々な注目を集めていたこともあり、本タイトルはPS StoreにあるPSVR専用ソフトの中でもトップの評価件数となっています。

https://www.youtube.com/watch?v=Q0ohMDvQKlA

本作の魅力はやはりなんといってもVRならではの「実在感」。会話やコミュニケーションに加え、身近な距離でふれあうシチュエーションもあります。また、プレイヤーが教える内容によって彼女の反応が変わるので、何度もプレイしていろいろな反応を楽しむことも可能です。

他にも別売の「追加体験パック」として、海を見渡せる神社に出かけたり、夏の夜にふたりきりで花火を見に行ったり……という体験も可能。普段とは違う彼女の一面を見ることができます。


また、『サマーレッスン』の第二弾として「サマーレッスン:アリソン・スノウ」が6月22日にリリースされています。こちらはアメリカからホームステイにやってきたシンガーソングライターの女の子「アリソン・スノウ」に日本語や日本文化を教える、という内容になっています。

(合わせて読みたい記事)
・PSVR向けソフト『サマーレッスン』徹底解説
・【PSVRレッスンやスイカ割り!DLC内容なども公開】『サマーレッスン』新作が発売 アリソンと神社
・金髪美女から英語のレッスン!?PSVR『サマーレッスン』DLC第2弾が配信

リリース元:バンダイナムコエンターテインメント
ジャンル:その他
発売日:2016年10月13日
価格:基本ゲームパックDL版……2,980円(税込)
        追加体験パック等(全4種)……各1,180円(税込)
        パッケージ版……7,600円(税別)
※パッケージ版には上記の追加体験パック等(全4種)も収録
備考:CERO C(15歳以上対象)

PS Storeページ
(※上記リンク先は基本ゲームパックDL版)
公式サイト

アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数534件】

人気コンテンツ『アイドルマスター』シリーズがVRにやってきたのが『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』です。最大9人がステージで繰り広げるライブを、主観視点で様々な地点から見ることができます。

https://www.youtube.com/watch?v=mskYTgaMAkc

本タイトルではライブの中に自分の位置を自由に切り替えることができ、ステージ正面の最前はもちろん、左右・後方etcにも移動が可能なので、最前列でコンサートライトを振ってコールをしたり、遠くで腕を組み、ワケアリげにうなずいてみたり……なんてことも可能です。

また2017年8月3日時点では、楽曲「お願い!シンデレラ」に登場するメンバーを自由に編集できる追加機能「EDIT LIVE」モードにおいて、登場する9人を164人ものアイドルから選択ができるようになっています。

(合わせて読みたい記事)
・隣に並ぶ同僚のライトに感謝 ありがとう!!!現役Pによる『アイマス シンデレラVR』体験レポ
・【PSVR】『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』だれも見たことのない魔法のステージ
・【デレVR】「お願い!シンデレラ」EDIT LIVE に第8弾アイドル19人配信 現実のライブを再現してみた!

リリース元:バンダイナムコエンターテインメント
ジャンル:シミュレーター
発売日:2016年10月13日
価格:2,480円(税込)
備考:CERO A(全年齢対象)、PS Move対応

PS Storeページ
公式サイト

サイバーダンガンロンパVR 学級裁判


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数525件】

続いては『サイバーダンガンロンパVR 学級裁判』。本作はスパイク・チュンソフト『ダンガンロンパ』シリーズのVRデモ版で、2010年に発売されたシリーズ1作目である『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』のワンシーンをVRで再現したものとなっています。

本タイトルでは『ダンガンロンパ』シリーズの「学級裁判」と呼ばれるシーンを再現。空中を飛び交う証言の中から怪しい部分を見抜き、コントローラーで照準を合わせて「言弾(コトダマ」で撃ち抜いていくことになります。正しいセリフに「言弾」を打ち込めば「論破」となります。ただし、デモ版ではどれだけ「論破」しても「オシオキ」を受けてしまいます。

「学級裁判」自体はデモ版ゆえシンプルかつ短めな内容ですが、個性豊かで躍動感のあるキャラクター表現に注目。証言席を乗り越えて大暴れするなど、”キャラクターらしさ”がいたるところに満載されています。

また、こちらはPlayStation Plus(PS Plus)加入者限定のコンテンツとなっていますのでご注意を。

リリース元:スパイク・チュンソフト
ジャンル:アクション
発売日:2016年10月13日
価格:無料(PS Plus会員限定でDL可能)
備考:CERO 規定適合(体験版/デモのため)、PS Plus会員限定

PS Storeページ
公式サイト

THE PLAYROOM VR


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数402件】

PSVRを装着している人も、装着していない人も一緒にワイワイと楽しめるVRコンテンツが『THE PLAYROOM VR』です。

本作最大の特徴は、PSVRを装着して見ている画面とテレビモニター等に映し出される画面が異なっている「ソーシャルスクリーン」。これにより「PSVRをつけているプレイヤーがネコになり、モニターを見ている側のプレイヤーであるネズミを追いかけて捕まえる」といったようなパーティーゲームを遊ぶことができます。

最初から収録されている全部で6つのコンテンツに加え、2017年2月3日追加配信された「トイウォーズ」など、無料タイトルであるにも関わらずいろいろな体験を楽しむことができます。

(合わせて読みたい記事)
・【PSVR】家族と、友達と、みんなで遊べるVRパーティーゲーム『THE PLAYROOM VR』
・【PSVR】みんなでエイリアンを撃退!『THE PLAYROOM VR』に追加DLC「トイウォーズ」が無料配信

リリース元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンル:その他
発売日:2016年10月13日
価格:無料
備考:CERO A(全年齢対象)

PS Storeページ
公式サイト

KITCHEN


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数360件】

カプコンの『バイオハザード』シリーズ最新作である『バイオハザード7 レジデント イービル』の前日譚にあたるのがこの『KITCHEN』。本作は2015年に技術デモとして初公開されました。およそ数分間と短めのコンテンツですが、恐怖感はかなりのもの。

本タイトルは表題の通り朽ちかけたキッチンが舞台。プレイヤーは椅子に縛り付けられているところからスタートし、抜け出そうとしていると廊下の奥から怪しげな音が……。


本作の体験時間は短いのですが、過去にこのタイトルを出展していたブースは常に悲鳴で溢れていたとのこと。本タイトルではVRならの臨場感が発揮されていることが伺えます。

また、本作品は上記の通り『バイオハザード7 レジデント イービル』の前日譚となっており、その『バイオハザード7 レジデント イービル』は全編がVRに対応しています。最初から最後までVRでプレイした上でのレビューを担当したライターからは「怖さの質が段違いで、ホラーに慣れた筆者でも一人ではプレイしたくないと感じるほどでした」とのコメントも。さらなる恐怖を求める人はこちらも合わせてどうぞ。

(合わせて読みたい記事)
・本物の恐怖はVRで『バイオハザード7』全編VRレビュー

リリース元:カプコン
ジャンル:アドベンチャー
発売日:2016年10月13日
価格:100円(税込)
備考:CERO Z(18歳以上のみ対象)

PS Storeページ
公式サイト

Until Dawn: Rush of Blood


【2017年8月時点での評価:★5.0/5.0、評価数258件】

2015年に発売されたホラーゲーム『Until Dawn-惨劇の山荘-』の世界をテーマとしたPSVR専用のホラーシューティングゲームが『Until Dawn: Rush of Blood』です。

本作では『Until Dawn -惨劇の山荘-』をテーマとしたお化け屋敷のような施設を、コースターに乗って進んでいくことに。二丁の拳銃をうまく使い、どうにかして生き残って先へ向かいます。

操作は従来のコントローラーとPS Moveに対応。プレイヤーに襲いかかる鳥や女性の亡霊を撃退したり、各所に設置された的を破壊するとポイントが獲得可能です。身体を動かしてトラップや攻撃を回避するといったギミックも用意されており、アクションも楽しむことができます。

(合わせて読みたい記事)
・【PSVR】お化け屋敷を進むノンストップVRホラー『Until Dawn: Rush of Blood』

リリース元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンル:アドベンチャー
発売日:2016年10月13日
価格:2,160円
備考:CERO Z(18歳以上のみ対象)、PS Move対応

PS Storeページ

初音ミク VRフューチャーライブ


【2017年8月時点での評価:★5.0/5.0、評価数194件】

ヤマハのVOCALOID「初音ミク」のバーチャルライブが楽しめるコンテンツが『初音ミク VRフューチャーライブ』です。歌って踊る初音ミクを間近で見ることができ、VRゆえの臨場感や演出を楽しむことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=zLmjCq5QddQ

プレイヤーは観客の一人となり、ライトを振ったり声を上げたりしながら、初音ミクと一体になってライブコンサートを味わうことができます。座席はいつでも切り替え可能、ステージ上での鑑賞もできるようになっているため、現実ではできないような角度からパフォーマンスも楽しめます。


楽曲のテーマに合わせて舞台装置が変化、また巨大ホログラムが登場etcのVRならではの演出も多数。会場のボルテージが最高潮に達した際は「プライベートアンコール」として、初音ミクと二人きりの特別ステージが始まるなど、様々な角度からプレイヤーを楽しませてくれます。

(合わせて読みたい記事)
・【PSVR】『初音ミク VRフューチャーライブ』で電子の歌姫に会いに行こう

リリース元:セガゲームス
ジャンル:MUSIC/RHYTHM
発売日:2016年10月13日(1st Stage)
価格:1st Stage,2nd Stage,3rd Stage……各2,700円(税込)
        All Stage Pack……7,560円(税込)
        ※上記All Stage Packは、1st~3rd Stageまでの3つの内容を含みます

PS Storeページ
(※上記URLはAll Stage Pack)
公式サイト

バットマン:アーカム VR


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数150件】

アメリカ・DCコミックスのヒーロー「バットマン」のVR作品が『バットマン:アーカムVR』です。開発は世界中で高評価を得ている『バットマン:アーカム』シリーズ三部作を手掛けたRocksteady Studios。本作ではプレイヤー自身がバットマンとなり、作中で置きた事件の犯人を追うべく、ゴッサム・シティを駆け巡ることになります。

https://www.youtube.com/watch?v=AZnXHnV-AVk

本タイトルでは、原作でバットマンが使用するガジェットを実際に自分自身の手で使えるようになっています。バットマンの使用するブーメラン型ガジェット「バットラング」を投げたり、アンカーつきのワイヤーを射出する「グラップネル・ガン」で移動したり……と、バットマンになりきる体験が可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=eGagmyfct6A

本作ではプレイヤーの快適なVR体験が意識されており、いかにして「VR酔い」を避けるかということを重視して開発が進められました。それゆえ、本作は原作のアクション面が強い方向性ではなく、アドベンチャー要素に重点を置いています。

(合わせて読みたい記事)
・【PSVR】 『バットマン:アーカム VR』PSVRが君のバットマンマスクだ

リリース元:Rocksteady Studios/ワーナー ブラザース ジャパン合同会社
ジャンル:アドベンチャー
発売日:2016年10月13日
価格:2,678円(税込)
備考:CERO C(15歳以上対象)

PS Storeページ
公式サイト

PlayStation VR WORLDS


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数145件】

VRを満喫できる『PlayStation VR WORLDS』。合計で5つの短めなタイトルが収録されており、それぞれ異なったVR体験を楽しむことができます。

檻に入って海の中へと深く潜り、深海で巨大な人食いサメと遭遇することとなるダイビングシミュレーション『Ocean Descent』やロンドンギャングの一味となってカーチェイスや銃撃戦を繰り広げる『The London Heist』など、5本全てで趣向の違う体験ができるのがポイントです。

リリース元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンル:その他(バラエティ)
発売日:2016年10月13日
価格:5,292円(税込)
備考:CERO C(15歳以上対象)

PS Storeページ
公式サイト

Joshua Bell VR Experience


【2017年8月時点での評価:★4.5/5.0、評価数107件】
ゲームではなく実写の360度動画『Joshua Bell VR Experience』。グラミー賞を受賞したヴァイオリニストであるジョシュア・ベル氏ののこちらは2017年の2月にリリースされましたが、すでに多くの視聴者から高評価を得ています。

https://www.youtube.com/watch?v=Mk3iD63JqVI

本動画では、ジョシュア・ベル氏がブラームスの「ハンガリー舞曲 第1番」を奏でる様子をVRで体験でき、3D音響により演奏しているその場にいるかのように音の奥行きが感じられます。

また、こちらの動画ではなんと360度動画内部を全く違和感なく動くことができます。普通は360度動画内部を動き回ることはできませんが、『Joshua Bell VR Experience』では可能になっています。これにはちょっとしたワケがあるのですが、続きは以下の記事から。

(合わせて読みたい記事)
・【PSVR】『Joshua Bell VR Experience』“動くことのできる”実写360度動画がすごい理由

リリース元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンル:ミュージックビデオ
発売日:2017年2月14日
価格:無料
PS Storeページ:
https://store.playstation.com/#!/ja-jp/%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa/joshua-bell-vr-experience/cid=JP9000-CUSA07767_00-JOSHUABELLVR0000

PS VR”対応”の高評価タイトルは?

ここまで、PSVR専用タイトルで評価が高いものを紹介してきましたが、ではPSVR”対応”のタイトルが気になっている人もいるのではないでしょうか。

PSVRの発売日以降のソフトに限定すると、トップはEnhance Gamesによる共感覚シューティング『Rez Infinite』です。こちらのタイトルには数百件もの評価がついており、その中でも評価は最大値の星5つ、454件の評価となっています。

(参考記事)
・【PSVR】水口哲也が切り拓く“VRならでは”の新境地 『Rez Infinite』新ステージArea X
・水口哲也氏の『Rez Infinite』を100人で同時体験!実験的イベントが開催

他にも、映像コンテンツでは、フルCGのゴジラが迫りくる『『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR』などが高評価を得ています。

(参考記事)
【PSVR】『シン・ゴジラVR』『Don’t be Afraid -Biohazard × ラルク』 2つの映像コンテンツを紹介!

この記事を書いた人

Mogura VR編集部では、インターン・ライター・編集者を募集しています!
現在、インターンの募集も積極的に行っております。応募はこちら!

応募ページへ

そのほかの業務については、詳しくは募集ページをご覧ください。

募集ページへ