アジア発のPS VR向けゲームが13タイトル明らかに

2016年7月28日、ソニーが台湾で開催した「PlayStation VR Asia Conference」にて、アジア圏で開発されている13のPSVR対応ゲームが発表されました。

カンファレンスの全編は、現在Twitchにて配信されています。

カンファレンス内で、シンガポールから1作品、台湾が3作品、韓国が2作品、中国が7作品、ゲームタイトルが発表されました。日本での配信は不明。どのゲームも詳細な情報は今後の発表が待たれますが、以下では各タイトルを簡単に紹介します。

アジア発 PSVR

シンガポール

シンガポールからは現在、1つのタイトルのリリースが明らかになっています。

アジア発 PSVR

Stifled

開発:Gattai Games(公式サイト
ゲーム公式サイト(こちら

https://www.youtube.com/watch?v=2Vhrt9zIAE0

音を使ったゲーム。『Stifled』の世界は真っ暗で、頼りに出来る情報は音だけ。コウモリやイルカが超音波で周囲のモノとの距離を測るように、マイクに喋りながら先へ進んでいきます。ただし、敵もプレイヤーの音を聞いて集まってくるので、時には静かに隠れなければいけません。

台湾

台湾からは3つのタイトルのリリースが発表されています。
アジア発 PSVR

O! My Genesis VR

開発:XPEC Entertainment(公式サイト
https://www.youtube.com/watch?v=hxvVkzjWyVM

この宇宙の神となって、創世記さながらに世界を創ってゆくゲーム。ミニチュアのようなサイズの惑星に植物や動物を配置できます。

Unearthing Mars

開発:Winking Entertainment(公式サイト
ゲーム公式サイト(こちら
https://www.youtube.com/watch?v=IvNFyi065F8

火星の秘密を解き明かすアドベンチャーです。美しいグラフィックで描かれる舞台、そこには過去に文明が栄えた痕跡があり……。

The Occasional Encounter

開発:UserJoy Technology(公式サイト

まだ情報のないゲームです。

韓国

韓国からは2タイトルのリリースが明らかになっています。
アジア発 PSVR

Mortal Blitz VR

開発:Skonec Entertainment(公式サイト
https://www.youtube.com/watch?v=ENOPVeomSLU

既にGear VR版もでているゲーム。SF的な世界観を持つFPSです。近未来的な施設を舞台に、機械仕掛けのモンスターを倒していきます。

The School: Swan Song

アジア発 PSVR
まだ情報のないゲームです。

中国

中国からは現在7タイトルのリリースが発表されています。
アジア発 PSVR

Ace Banana

開発:Time of Virtual Reality(公式サイト)(Facebook
https://www.youtube.com/watch?v=bdhBUmnkE0M

カラフルな色使いでポップなグラフィックのシューティングゲーム。銃ではなく弓を使っているのが特徴的です。矢以外にもホーミングをするロケットのようなものを打ったり、魚のような弾を打ったりしています。

Mixip

アジア発 PSVR

詳細は不明ですが、公開された動画では宇宙を舞台にしたゲームのように見えます。

Pixel Gear

アジア発 PSVR

ブロックでできた世界が舞台のFPSです。

Dying Reborn

アジア発 PSVR

ホラーゲームのようなプレイ画面です。詳細は不明。

Weeping Doll

アジア発 PSVR

ホラーゲームのようなプレイ画面です。詳細は不明。

Kill X VR

まだ情報のないゲームです。

Phantom World

まだ情報のないゲームです。

PlayStation VRについての最新情報はこちら

PlayStation VRで体験できるソフトの紹介はこちら

関連記事はこちら

この記事を書いた人

  • 1tQ5TzRU

    工学専攻の大学生。好きな科目は国語。趣味は歌などの創作でボーカロイドも使います。SAOのような物語が引き起こす、自他の文脈や人と世界の関係の集積へダイブすることを切望して止みません。将来もVRの傍に立っていたいと思います。

    Twitter:@yunoLv3

    Mogura VRのライター一覧はこちら
    http://www.moguravr.com/writers/